--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-30(Sun)

極楽花見と塩原登り

3/29(土)

絶好の花見日和!21時までRaB店番後シラス&urume夫妻宅へ急ぐ。夫妻宅の庭には、それはそれは巨大で立派な桜の木があり、ライトアップされた満開の桜をぬくぬくの室内から眺められる。昨年に続き2回目のお邪魔。暗めに照明を落とした居間できりたんぽ鍋など美味しい食べものを頬張り、極上のワインなどちびちびやりながら桜を愛でる。贅沢極まりない!一度この贅沢を味わってしまうともうやめられませんっ!ので、来年もまたお邪魔させてください☆

シラス&urume、素晴らしいひと時をありがとう!

<満開!>
sakura.jpg



3/30(日)

そして極楽花見の翌日は約11ヶ月ぶりの塩原☆今までのぱぴのこの塩原遠征で一番大所帯の9人編成(ジャンボ、シラス、デブ蛙、たけっち、かぶ、Yusuke、しも、師範&ぱぴのこ)!うち塩原デビューが4人(シラス、デブ蛙、たけっち、師範)。たけっちは今回が記念すべき外岩デビュー。

10時過ぎ現地入り、10時半登り開始。時折吹き抜ける風は冷たいが陽気はポカポカ、陽射しも暖かく春めいている。午前中後悔岩とFly High 1Qで遊び、昼過ぎから水 Short 3Q、水 Long 1D、千2Dをみんなでそれぞれトライ。

<ジャンボの千2D>
20080330231344.jpg


午後から曇って来て少しずつ気温低下。15時頃鳥岩へ移動。鳥2Qは今回のぱぴのこの本命。数回トライして前半のムーブは解決するもヨレて後半は解決出来ず。前半をいかに省エネで行くかが鍵っぽい。ムーブ面白いしラインがすっきりしていて気に入った☆当面の塩原での目標はこれだ!

最後に桜岩へ。桜3Q、match1D、光る方へ1Qでそれぞれ遊んでると16時過ぎからポツポツ雨。みんな指皮も身体もヨレて岩も濡れて来たところで17時前に撤収。

雨は本降り、地元のそば屋でまったり。食後デブ蛙がおもむろに始めた「マウスで楊枝をノーズにIN!…通称MYNI(マイニー)」に師範とかぶちゃんが参戦、全員腹抱えて悶絶。参戦する勇気がなかった自分が情けない。

<楊枝で「鼻高々」の師範>
mtk.jpg


<ハイレベルなかぶちゃん>
kabu.jpg


ジャンボ、首痛い中大勢の引率&案内&フォローありがとう!
かぶちゃん、車出し&運転ありがとう!
Yusuke、師範、運転ありがとう!
みなさん、スポット&楽しい時間をありがとう!
近々またぜひご一緒しましょ☆


◆メモ◆

・6Q@後悔岩:再登
・後悔3Q:再登 いつやってもすばらしい!
・Fly High 1Q:× ジャンボ設定課題で練習しよ。
・水 Short 3Q:× ゼッタイ出来るはずなのにびびって思いきったムーブが出来ない...メンタル弱すぎ。
・水 Long 1D:× スタート直後御法度のボタ落ち、反省。
・鳥2Q:× スタート直後パワー使いすぎ。どうにかしないと後半までもたないよ。
・桜3Q:再登× いつやっても指皮痛すぎる!でもやっぱ素敵だ。
・光る方へ1Q-:× 去年までは出来なかったスタートが余裕で出来た。大満足。でもその先の飛びムーブは全然無理っぽい。

成果ゼロは情いけど、ちょっとした自分なりの手応えは感じられたからまーまー満足。鳥登るぞー!
スポンサーサイト
2008-03-27(Thu)

ベンサォン&ピザォン

道場第三弾。生徒はギャランドゥ、ジャンボ、すずめちゃん&ぱぴのこの4人。

今まで学んだことの復習&反復練習、ネガチヴァの集中練習、アウーの集中練習メイン。最後に新たな蹴り技をふたつ学ぶ。おまけでアクロバティックな例の脚技の練習、ぐしゃっとつぶれて左肩をちょっとぴきったけど大丈夫、少し前進☆

◆メモ◆

・ベンサォン:正面へのまっすぐ踵蹴り。横から見ると蹴った瞬間身体と脚がYの字状。腰を押し出した反動で膝を伸ばして蹴る。
・ピザォン:正面への横後ろ蹴り?軸脚をずらしながら踵を上に向けて後ろに蹴る。その時お尻を入れる反動で脚を押し出す感じ。
・ベンサォンもピザォンも軸脚を特にしっかり保つこと。
・ホーレィは移動技、大きく動くこと。

やればやるほどおもしろすぎる!毎回ほんの少しずつだけど進歩するのがたまらない�݂ǂ�ς҂̂�
2008-03-26(Wed)

Lovely RaB

2月6日のRaBオープンからはや1か月&3週間ぐらい経ち、RaBのおかげで平均週3回楽しく登れているぱぴのこ。最初こそ怪我の心身への影響でまともに登れなかったけど、ステキな空間と壁とステキで楽しい仲間のおかげでRaBに行くことが楽しくて、通ってるうちに少しずつ復調、モチベーションも上がって来ていつの間にか怪我前より登れるようになっていた。

2月末にはまるっきり出来る気がしなかったジャンボの4Q、3Qなどがここのところ自分でも不思議なぐらいサクサク落とせる。あれ?登れちゃった、てな感じ。今日120~130度壁の左上する長い3Qが登れたのは特にびっくり&個人的に意味深いものがある。それにしてもなんでだろ??

その理由をぱぴのこ的に分析してみると、

①東京マラソン完走で身体が目覚めた??
②長距離歩いたり自転車乗ったりと登る以外で体を動かしている。
③カポエイラ体験で今まで眠っていた新しい感覚が刺激された。
④課題の食い散らかしをやめるよう、諦めないよう心がけている。
⑤少し痩せた。

てなことが思いあたる。

なんでかよくわからないけど東京マラソンの後からじわじわ調子が上がって来たのは確かである。カポエイラは先週初めて体験してまだ2回(時間にして計5時間弱+毎日数分練習)しかやってないけど、明らかに今までにない神経というか感覚が刺激されて何かが目覚めつつある気がする。現に、初日全く出来なかった側転が翌日やってみたら前日より明らかに進歩していたからね。こんな短時間で変化があるわけないのかもしれないけど、本当のところはどうかわからないけど、身体の感覚の微妙な変化を実感しているのは間違いない。

あと、気持ちがスッキリしてるってのもあるかな?温かくなり春めいて来たことで気持ちがほぐれて来たようで、前向きで明るい心地なのだ。春はいいね☆

こんな色んなことがうまくからまって調子が上がって来ている気がする。だから楽しい。だからまたモチベーションも上がる。こんな感覚はクライミング始めたての時以来かもしれない。

とまーああだこうだ言ってみたけど、つまるところは楽しく登れる場所があるってのが好調の一番の理由だ!RaBで登るみなさんにとってもRaBは、それぞれに居心地のいい、特別な場所であるはず。

てなわけで、ありがとうRaBぱぴのこ
2008-03-25(Tue)

ケィシャーダ

3/21に続きカポエイラ道場第二弾。指導はもちろんMTK師範、生徒はデブ蛙、ギャランドゥ、すずめちゃん、ぱぴのこ&遅れてジャンボの5人。19時半集合。

ジンガ&防御の組み合わせでアップ、脚グダグダ...そして本日は新たに脚技ケィシャーダを教わり、前回教わった脚技2種類と組み合わせて蹴りまくり。脚腰グダグダ..

後半はフェイントの練習、側転技アウーが出来るようになるための練習法、ブレイクダンスみたいな派手な脚技体験、などなどで盛り上がり22時過ぎ終了。

◆メモ◆

・ケィシャーダ:上体を捻った勢いを脚に伝えて蹴る。蹴るポイントは三角の頂点を目指す感じで。蹴る瞬間は正面を向く。蹴る時上体を後ろに倒さない。
・アウー:肩に乗る!最終的には頭がぎりぎり地面につくぐらいまで腕を曲げる?!
・カポエイラの動きは全てが全てに繋がるからアウーが出来たら(身体を肩で支えられたら)他の動きも良くなる。
・ジョーゴ(組手)のまねごとになると防御がうまく出来ない。左右がわからなくなってテンパル。難しい!

いやーほんと楽しい!自分の身体を自分の思うように動かせるようになりたい!早くアウーがちゃんと出来るようになりたい!練習がんばるお~�ς҂̂�


●教わった技●

・蹴り
①Meia Lua De Frente メイア ルーア ジ フレンチ:
「メイア ルーア」=「半月」、「ジ フレンチ」=「前の」「前方」
半月を描く蹴り、外→内
②Martelo マテーロ:「かなづち」前方へのいわゆる普通の蹴り
③Queixada ケィシャーダ:上体をひねった勢いを使った顎への蹴り、内→外

・防御
①レスタヴァージカ:
前脚に過重のまま出した脚と同じ側の手を地面につき反対の手で顔ガード
②エスキーヴァ ジ ラード:
両脚均等に過重、お尻を突き出して横向きにしゃがみ相手側の手で顔ガード

・その他
①ホーレイ:四つん這い的ムーブ
②Au アウー:勢いをつけない側転
2008-03-25(Tue)

パエリアパン3兄弟

最初に買ったのが直径26センチの2人用(写真下)。次が直径32センチの4人用(写真中)。そしてこの度やってまいりました、直径40センチの8人用(写真上)!どうすんのよこの大きさ?!ぴのこがすっぽり乗れちゃうよ。ガスコンロふたつじゃないと調理できまちぇん。まずは空焼きしなきゃ。これが結構大変なんだなー。がんばるわ☆

キャンプや八丈島でパエリア、想像しただけで楽しすぎるむらさききのこ

20080322221500.jpg
2008-03-24(Mon)

うまうまぽかぽか鎌倉ライド

3/22(土)

MTBの集まり「Love the Ride」(通称LTR)のイベントにめっちゃ久々に参加☆でも山ではなく街乗りでありまふ。お目当ては鎌倉のうまうまカレー&プリン、そして名所巡り。

9:00北鎌倉駅集合。みんなとのほんとに久々の再会がうれぴ♪支度して9:30出発。自転車自体久し振り、前日のカポエイラで脚&オケツが筋肉痛でなかなか足腰に力が入らず、出発直後のちょっとした坂でヘロヘロ。東京マラソンより辛かったかも...坂を登り切ったところのなんとか公園で一息ついた後銭洗弁天へ。1万円札を洗ってみた。ご利益あるかな~?

銭洗った後住宅街の裏道を通り大仏のもとへ。入館料200円をケチって外から大仏様の頭だけ拝む。あの頭のポツポツみたいなトコブシみたいなあれはなんというのだ?という罰あたりな話でお茶を濁し先へ進む。

<大仏様のトコブシ頭>
20080323114500.jpg


道が車と人で混みこみでさすがに自転車は乗れず、押しながら歩いていると「紫芋コロッケ」という看板発見!すかさず全員を呼び止めて買いに走るぱぴのこ。路地に移動してみんなではむはむ。んま~い☆これでなんとかカレー屋までもちそうだわ。

少し走って国道134号へ出て海を眺めながら海岸沿いをす~いすい。ぽっかぽかの陽気とさらさらの風、きらりと光る海面、そして海の向こうに表れたのが宙に浮かぶ富士山!ひゃ~うつくし!こんな富士山を見るの初めてかも。

<空中浮遊の富士山>
20080322221326.jpg


ひとしきり富士山と記念撮影した後は本日の第一のメイン、カレー!珊瑚礁という有名店で開店時間の11時半より前に着いたにも関わらず長蛇の列。でも運良く海を臨むテラス席をゲット☆前評判通りカレーはうまうま!

<きのこカレー>
20080324113455.jpg


温かい日差しと満腹感で全員まったりお昼寝モード。とは言っても寝るわけには行かないので砂浜へ移動し軽く休憩。ぱぴのこはカポエイラの側転技の練習。前日は側転の気配すら見られなかったのになぜかそれらしきことが出来ちった。なるほろ、誰でも出来るようになるとはこういうことだったのね、とひとり嬉しくなったのであります。

砂浜でマッタリの後、遅れて合流のメンバーと落ち合うべく先を急ぐ。反対方向から走って来た彼女と134号沿いで無事合流し葉山方面へ。途中葉山マリーナあたりでまたしても休憩、こののんびりゆるゆるな感じがステキ♪そして向かったのが葉山御用邸。門の前でパチリ☆

<御用邸前>ルイス
12822572_2699027170.jpg


さーて次は本日の第二メインのプリンだ!御用邸から少し走ってたどり着いたのがプリン専門店マーロウ。ボリューム満点、激うまプリンで全員ご満悦☆ぱぴのこが食したクリームチーズプリンはプリンというより完全にチーズケーキ。濃厚でうまうまだけど量が多すぎて食べ切れなかった。

<クリームチーズプリン>
20080323114448.jpg


夕暮れに向かって風が少し冷たくなって来る中鶴岡八幡宮へ向かう。無理やり自転車を止めて本堂へ。

<駐車禁止>
20080323114033.jpg


<桜に喰らい付くの図>
20080323114008.jpg


丁度結婚式が終わったところらしく白無垢姿の花嫁さんがいた。その恩恵にあやかるべく拝む女子たち☆八幡様にお参りし引き返す途中で出逢ったわんちゃんがめっちゃかわいいの!なんと前足の脇だけ毛が黒い!

<脇毛犬>
20080322221347.jpg


おいしいものいっぱい食べて名所巡りまくってみんなでしゃべって笑って春満喫のまことにハッピーな一日でした☆

企画&案内してくれた3代目、ほんとにありがとう!
参加のみなさん、楽しい時間をありがとうございました!

みんなで街巡りライド、いいですな~みどりきのこ
2008-03-22(Sat)

カポエイラ入門

3/21(金)

何か武道や格闘技的なものをやりたいとずっと思っているぱぴのこ、空手と韓国のテコンドをちろっと舐めたことはあったけど続かず。何かないかなーと思い続けていたところで今回出逢ったのがカポエイラ

以前からその存在はなんとなく知ってはいたけど特に興味は持っていなかったが、カポエイラをやっていたクライミング友達MTKの話をきいたり技を見せてもらっているうちにうっすら興味が湧いて来ていたのだった。そんな中飲みの席でみんなでやろう!という話になり、それに飛びついたぱぴのこであります。

そしてこの日それが実現。MTK師範によるカポエイラ道場開催☆生徒はデブ蛙、ギャランドゥ、すずめちゃん、RaB女将さん&ぱぴのこの計5人で、全員カポエイラ初体験。19時半に文京区某地下鉄駅で集合し、近くの公園へ移動。

各自軽く身体ほぐした後すぐにレッスン開始。基本的なステップ、ディフェンス、蹴り、側転やバク転(!)などの技、組み手的なことまで、説明は最小限に「やってみましょう」とどんどん進んで行く。汗だらだら、脚ふらふら。2時間以上みっちりしごいてもらって全員ヨレヨレになり22時過ぎに終了。めまぐるしく色々いっぱいやったから何がなんだかよくわからなかったけど、「今日やったことは忘れてもいい。今日はとにかくカポレイラの動きというものを身体に体験させてあげれればいい」とのこと。

やばいよカポエイラ。今まで経験したことのない身体の動かし方がめっちゃ面白い。そして師範の動きがやばくカッコよくて、あんなこと自分も出来たらいいなぁ~と本気で思う。でも個人的には側転やバク転、逆立ち技など出来そうにないけど、師範は「誰でも絶対出来るようになる」と熱く力説。カポエイラとはそういうものなんだそうな。ふ~む、地道に練習しまつ。長い道のりですな~☆

◆メモ◆

・対戦中はどんな動きをしていても相手から目を離さない。側転などの時身体が逆さまになったりなんなりしても相手を見続けること。
・技と技のつなぎ目では基本ポーズのカデイラを経由する。
・流れを途切れさせないこと。
・ジンガ:基本ステプ→レスタバージカ:脚の真横に手をつく避け→トロッカ:脚の入れ替え→ネガチバ:トロッカ後反対の手をつく→ホーレー:四つん這い的技→カデイラ:基本ポーズ→アウー:側転→カデイラ→ジンガ
・マカコ:バク転技

師範、ご指導ありがとう!次回も宜しくお願いしまぷ�݂ǂ�ς҂̂�
2008-03-21(Fri)

自転車、近藤恵介展、乙女心、そしてほろ酔い

3/20(木)春分の日

久々に外岩行く気満々になっていたところへ大雨。ぬあぁ~!でもおかげで溜まってた用が足せて別の楽しさを満喫出来たから結果オーライ☆

土曜の鎌倉ポタリングに備えて1年以上ぶりにランドナーを手入れ、雨風吹きすさぶ中自転車乗っておでかけ。雨の中自転車で走るのは意外と悪くないのだよ。雨&寒さ対策さえしっかりすれば雨中走行も結構気持ちいい。晴天のスカッと爽やかな気持ちよさとは違う、内側に向かう気持ちよさとでも言おうか?切ない気分を楽しめる感じ。

で、13時過ぎに家を出てまず向かったのは日本画家近藤恵介画伯の展覧会場。RaBの受付うしろの壁に山の絵を描いてくれたことがキッカケでぱぴのこは知りあった。渋いロケーションのこじんまりした画廊での展覧会で、基本土日開廊のところを、当人が用事で画廊にいるというのに甘えて伺わせてもらった。

普通日本画というと水墨画をイメージすると思うが、彼の日本画はそのイメージからかなりかけ離れている。日本画の画材と手法を使って画伯ワールドを表現している。

<キャンバスからはみ出て壁に進出>
20080321110659.jpg


<なんて繊細な描写?!ちなみに植物の縦の長さは約3~5センチ>
20080321110702.jpg


絵心もセンスもないぱぴのこなので画伯に野暮な質問なんかしちゃったりしながら30分ぐらい鑑賞&談笑後、一向に勢い衰えない雨風の中RaBに向かってペダルを漕いだ。

15時半前にびしょ濡れでRaB到着。ジムはめっちゃ混んでいて目がまわりそう。目標にしてた課題が全然出来ずモチベーションが下がりいまいち登る気が奮い立たず、しばらくほげ~っとしたりおしゃべりしたり。17時頃からちょっとずつ空いて来たので気分転換に課題作成。これがなかなかの秀作でありました。みなさんどんどん返されてくれて愉快ったらありゃしません。課題名はオーナー命名の「乙女心をわかってよ!」。乙女心をなかなかわかってもらえず、グレードは当初4Qだったけど3Qに訂正。

なんだかんだ楽しく登って、自転車はRaBに置き去りにして、閉店後14人という大所帯でお好み焼き「小奈や」へ。RaBのお客さんに教えてもらったお店で、安くてウマイ!ほいであまりにも楽しすぎて思わずほろ酔いのぱぴのこ☆終電はとっくになくなりタクシーで帰宅。自転車は翌日回収しまふ。

<オーナーノックアウト>
20080321110705.jpg



ここ1年ほどずっと冬眠状態だったぱぴのこ、最近ようやく眠りから覚めて来たみたい。勢いあまって転ばないように気をつけつつ弾けて行くわよ~だぶるきのこ
2008-03-19(Wed)

ぱぴのこと登り

本格的に登るようになってもうすぐ3年になるが、そのわりには上達してない。フィジカル的強さはまあまあ人並に普通だし柔軟性あるし指力ある方だしもうちょっと登れてもよさそうなのに、登れない。つまりは「メンタルが弱い」のだな。

あれこれ色んな課題を食い散らかしては完登しないまま放置。打ち込めば登れるものもちょっと辛いとすぐ諦める。気分の振り幅が大きく気分が乗らないと全く登れないし楽しくない。すぐ泣き言を言う。本当に泣く。

クライミングにのめり込み始めの頃はそんなことなかったと思うのに、続けて行くうちに壁にぶち当たったり、体傷めたり、怪我したり、などなどでいつの間にかヘナチョコになってしまった。そもそもメンタルが弱いからヘナチョコになるわけなんだが。クライミングが楽しくなかった時期も結構あったし、ちらっとでも辞めようかと思ったことが多々ある。それでも飽きっぽい私がなんとかここまで続けているってことは、やっぱ好きだからなんだろうな☆

私にとってクライミングの一番の魅力は、出来なかったことが出来るようになる楽しみを味わえることかもしれない。なのに出来るようになる努力をしない。だから出来るようにならない。そりゃー楽しくないわけだ。自分で自分の足を引っ張っている。ならばどうしたらいいのか?私にとってその答えはひとつ。

「諦めないこと」

だと思う。もっと歯をくいしばって、気張って、耐えること。東京マラソン後半に絞り出したあの気持ちは、紛れもなく私の中にあったもの。その熱い塊が自分の中にあるということを忘れず、クライミングにも活かせるようにしたい。

でもでも、クライミングひとつに縛られたくはないかな。山行ったり、海行ったり、走ったり、自転車漕いだり、まだ経験したことのない新しいことに挑戦してみたり、好きな人たちとの時間や色んな人&瞬間との新しい出逢いを楽しみたい。それでこそ私らしい私のような気がする。

豊かなぱぴのこでありたい☆


<登った後指が腫れてテッカテカパンパン、ぴのこもびっくり>20080319002003.jpg
2008-03-16(Sun)

泥酔祭と巨大魚

3/15(土)

ぱぴのこはお酒は弱いし特に好きではないが、酒飲みの場はきらいじゃないからちょくちょく参加する。ビール1~2杯なら美味しくて楽しい。

土曜もRaBの後みんなで飲みに行った。軽くご飯食べる程度のつもりだったはずが、いつの間に近年稀にみる泥酔祭に移行。隅っこで爆睡する人、お酒飲めないのに飲まされてロレツまわらず具合悪い人、飲みたいけど壊れるのがいやでいやよいやよと拒みつつ飲んでしまう人、お互い差しつ差されつ飲むペースがエスカレートし周りを酔っ払いの渦に巻き込んで行くふたり、その祭をつまみにちびちびやりながら楽しんでいるふたり、そして全体を眺めて喜んでいるシラフのぱぴのこ☆終電はとっくになくなり、お店も追い出され、一部タクシーに乗せて家に返し、残りの泥酔集団を先導して朝までやっている居酒屋へ。祭は続く。

朝4時頃お店を出て、始発電車を待つという人と朝まで時間つぶして朝の用事に直行するという人を残置し、飲めないのに飲まされてノックアウトの人と「ぱぴんこさんち行くー」の人をタクシーに乗せ、ノックアウトを自宅まで送り届け「ぱぴのこさんち行くー」をぱぴのこ宅まで連行&介抱。おもしろすぎる。

クライミングを通してみんなのことをそこそこわかっているつもりでいたけど、それはどうやらとんでもないうぬぼれだったみたい。お酒を飲むと本音が出たり、反対に勢いでデタラメが出たりするけども、ひとつ確かなのは、良くも悪くもその人の別の一面を垣間見ることが出来るということ。みんなの知らなかった一面に接することが出来て、ひとり勝手に嬉しいぱぴのこであります。しかも2軒目に行った5人中私以外は全員20代で、みんな10歳近くも年下。すっかり忘れていた20代ならではの英気がまぶしく、みんな若いな~、かわいいな~、としみじみ心がほっこりした。そして、年齢を重ねて行くっていいもんだな~となぜか思ったのであります。

今度私もしこたま飲んでベロベロになってみようかな~


3/16(日)

泥酔祭のおかげで2時間半しか寝れないまま日曜はおでかけ。友達親子としながわ水族館に行くのだ。寝不足でふらふらだが、友達親子との久々の再会&水族館が楽しみ☆

浜松町で待ち合わせしてランチして日の出桟橋へ。水上バスでしながわ水族館へ向かう。ひんやりの中に春の温かさをはらんだ海風、生まれて初めて乗る船に大喜び&大興奮の友達の子供、すごくきれいなのにオヤジな友達、寝不足のけだるさ、あくび、船の揺れ。穏やかで平和なひと時である。

<あいみ、2歳半>
0803160149.jpg


水族館はこじんまりしていながらもなかなか充実していた。東京湾や品川の海を再現していたり、イルカやアシカ、サメもいる。ぱぴのこ的に一番おもしろかったのが「トンネル水槽」。水槽の中にトンネル状の通路があり、頭上を巨大な魚たちがうじゃうじゃ!とにかくデカイ!巨大エイ、巨大うつぼ、巨大ウミガメに名前のわからない特大サイズの魚たちを目の前に開いた口がふさがらないぱぴのこ。なんであんなに大きいの???何を食べたらあんなに大きくなるの???意味がわからない。不思議過ぎる。海の中で出くわしたらパニクって溺れちゃいそうだ。

20080317145739.jpg


そして生きたサメのギザギザの歯と巨体に目玉が飛び出しそうになった。こわすぎる...

20080317145751.jpg


水の大きな生き物には不思議な魅力、恐ろしさがある。私にとってはあまりにも未知すぎるからだろうか?水の中はほんとに恐ろしい。足のつかない深さの水に入るのが怖い。でも素潜りをやる友達に出逢って、海に連れて行ってもらって、海の楽しさに触れる機会が増えたことで、ほんのちょっとずつ、海の楽しさに目覚めて来ている。今年の夏も八丈島へ行けますように!



世の中ほんと色々あって、おもしろいねぱぴのこ
2008-03-12(Wed)

VOCK

クライミングジムのホールドのほとんどはプラスチックだが、木のホールドもあるということは知っていたしどこかのメーカーの物を手に取って触ってみたことはあった。見た目かっこいいしすてきだったけど、つるつるよ~く滑る。たまたま私が触ったのがそうだっただけかもしれないけどね。

以来木のホールドに触れる機会はなかったのだが、今回RaBに木のホールドがいくつか設置され、再び木のホールドに触れることが出来た。早速ホールドを使って登ってみると、このホールド、なんか、イイ!滑らないように細かく溝が彫ってあったり絶妙にデコボコしてたりして手に馴染む。木ならではの心地よい感触なのだ。

20080312230426.jpg


VOCKという日本のメーカーのホールドなのだが、ぱぴのこは今回初めてその存在を知った。早速ネットで検索してみた。作り手は、東京出身だが去年宮城の小さな町に移り住んで木のホールドやアクセサリーを作っているそうな。

VOCKとは、「ROCK」と「木(ぼく)」を掛け合わせて作った造語とのこと。ホールドもアクセサリーもすべて手作り、同じ物はふたつとなく、ひとつひとつに作り手の時間と労力と想いが込められている。

サイトを見て行くうちに、ある小さなネックレスに目が留まり、迷わず購入。そして今日それが手元に届いた☆くわ~!ステキ!

20080312230401.jpg


RaBに設置されたVOCKホールドにはRaBと印字されていて、いいな~と思っていて、ネックレス注文時相談してみたら、快くOKしてくれて、希望通り「papinoko」と入れてもらえたのだ☆ぴのこも気に入ったようですんすん臭い嗅ぎまくり♪ありがとうVOCKさん!

木はイイ。命の暖かさ、力強さを感じさせてくれる。


長野にいる大工見習いの友達ツナ君を思い出す。彼も自然な暮らし、生き方を目指していて、その手段のひとつが大工仕事なのだ。ツナ君もVOCKさんも、自らを貫き通している。自分も何かを貫き通したいと思い続けて来たけど、結局は思っているだけに留まってしまっていることを改めて思い出す。

でも、生きている限り、生き続ける限り、「遅すぎる」ということはない。そう信じて、自分を全うして行こう�ς҂̂�
2008-03-11(Tue)

さよならトビ

私の通っているクライミングジムRaBの近所に、飛猿(愛称トビ)という犬が住んでいた。たまに吠えるけど人懐っこい、目がくりっとかわいい雑種だ。住宅街で車の通りは少ないとは言え、近所の車がちょくちょく通る狭い道路脇の犬小屋にいつもつながれている。ジムに行く度に犬小屋の前を通り名前を呼んで挨拶していた。

8723275_416248582.jpg


9日の日曜日、いつものように犬小屋の前を通る時中を覗くと、トビではなくブルドッグの置物がいた。あれ?驚くと、たまたまそこに居た飼い主のパンチパーマのオジサンが話してくれた。近所の車に引かれて右側骨盤を骨折、入院してる、と...飼い主曰く、車が来たら犬小屋に入るようにしつけてあるし、その時も車が来たから小屋に戻り体の前半分が小屋に入ったところへ、スピードを落し切れなかった車が後ろからぶつかって来たとのこと。命に別条はないのかと訊くと、近くの動物病院に入院していてかなりひどい怪我だということを飼い主は言っていた。はやく良くなるといいけど・・・私はそう言ってその場を離れた。

そして今日の午後、RaBオーナーからメールが来た。

「トビご臨終」

一瞬「やっぱり...」と思った。そして「やだー!」と思った。おやつの差し入れしようと思ってたけど結局しないままだったことを思い出した。最近なでてなかったことを思い出した。

いつもつなげれいたトビ。散歩をしているところを見たことがない。トビー!と呼ぶとちょっと面倒くさそうにこちらを見る。おやつを食べている時近づくと吠える。トビはいつも犬小屋につながれていた。もうそこにトビはいない。

さよならトビ。

8723275_1461491299.jpg


ポコちゃんと一緒に遊んでるかなぁ...
2008-03-08(Sat)

1手前進

昨年10月の怪我以来5ヶ月ぶりの外岩は、1年ぶりの御岳。1年前の忍者岩での落下事故の時以来である。ちょっと緊張。Yusukeとすずめちゃんと一緒☆現地で多数の友人知人に遭遇。快晴でポッカポカ、気持ちイイ~♪

12時過ぎに忍者岩到着。1年ぶりに見る忍者岩はなんだか小さく見えた。下地が上がったせいだろう。マミ岩でアップ後早速忍者返しをトライ。スタート楽過ぎる!ステキ!あれ?1手目のカチも2手目のスローパーもこんな近かったっけ??でも3手目はどうかなぁ。1年前は3手目をゴリゴリ触るだけで止まらず。そして今回も。しかし3手目もだいぶ近くに見える。3手目取る時の今までの足置きがしっくり来ずあれこれ変えてるうち、初めてやってみたムーブがヒット。3手目止まった!落ち着いて右手に体重をかけ左足をスタート部分に置き、左手をクロスしようとしたところで左足が滑ってフォール。ぷあぁ~!それ以降3手目は止まらず終了。

◆3手目取りムーブ:
左足は1手目カチの真下のいいとこ、右足は定番足場の上段の「右端」。今までは左側のガッツリ置けるところだった。だいぶ引きつけるからパワー使うけど、身体を右に持って行きやすい。3手目取った後は左足を突っ張れば身体がが自然と右に倒れてなお手が利いて来る。

1回止まっただけだけど、充分に楽しく満足!おっし、あれで行くぞい!

たったの1手の地味な前進だけど、私にとっては色んな意味を持つとっても大きな1手だった☆でも完登はもうちょっと先かな。

クライマー返し3手進んでリップまで行ったのに落とせなかったYusuke、忍者返し2手目までもうちょいのすずめちゃん、ありがとでした☆

20080308193933.jpg


昼間だけ冬が春に季節を譲り、陽差しには完全に春が薫る。青空と川からのそよ風が仲良く戯れる。前夜の雨で少し濁った川の水は不思議な色合い。そんな中でほげ~っっと過ごすひと時。クライミングって、楽しいね�ς҂̂�
2008-03-05(Wed)

イベリア三昧

3月4日(火)

Overweight SensationなBoo&大好きな友達KNKをお招きし、こじんまりとKNKの誕生日のお祝い☆えびのパエリア、レンズ豆のサラダ、野菜とウィンナーのカタプラーナ鍋、ポルトガルワインというイベリア三昧。

20080305010547.jpg


・えびのパエリア:いつも鶏スープベースのパエリアしか作ってなかったが、今回初めてえびスープに挑戦。そしてこれがなんと仰天の激うま!鶏も仰天したがそれを上回る仰天っぷり。いやー参った。具はえびと玉ねぎでシンプルぷるぷるだけどそれがまたえびスープのうまさを引き立ててくれてる。おこげが焦げすぎたのが玉に瑕。火加減がムズイ。でもちょっとの手間でこんなにおいしくなるんならいくらでも作りますわい。

・レンズ豆のサラダ:アレンジしてブラックオリーブを混ぜてみた。んまい!レンズ豆のゆで加減がGood☆

・野菜とウィンナーのカタプラーナ鍋:火の通りはバッチリだが塩味が足りず。シンプルな料理なのになんだか塩加減が難しい。

・ポルトガルワイン:カザルガルシアという、すっきり爽やか飲みやすい微炭酸の白ワイン。12月に食べに行ったポルトガル料理屋で飲んだらうまうまだったので思わず取り寄せていたのだ。瓶のラベルもカワイイ☆

                aveleida03.jpg


ウマウマで楽しいひと時をありがとう♪

KNK誕生日おめでとぱぴのこ
2008-03-04(Tue)

すべり台山

3月1日(土)

初めてすべったのはもう3年も前になる。そして今回、私にとっては2回目のすべり。スキーではありません。スノボーでもありません。

<2005年2月5日の蓼科山>papinokotate.jpg


それは、超特大の天然すべり台、蓼科山↑を、簡易ソリで尻セード♪ベテラン尻セーダーナンマミ、すべり台山は今回初めての尻セーダーあやっちと一緒☆

<The急登>あやっち
47JlZLdDr47sCNBM3603ks3kskXL00.jpg

(※黄色&赤色のしゃもじみたいのが簡易ソリ)

雪が降ったり曇ったり青空が覗けがりとコロッコロ変わる中、急な山の斜面(登山道)を休み休みゆっくり3時間半かけてガッと登る。斜面が急であればあるほど、「ここヤバイね~、うっしっしっ」と不敵な笑みがこぼれる。下りを想像するともうたまらん!

<絶好のすべりポイント>あやっち
JDuifBH3LqmJmawSCU03ks3kskXL00.jpg


森林限界エリアの先は風が強くて雪が積らずすべれないので頂上には行かず、強風に凍えながら急いで下る支度をし、いざ出陣!

<2005年2月5日の頂上直下の森林限界>papinoko
tatete.jpg


雪まみれ鼻水まみれで絶叫しながら1時間(フラットなところの歩き込み)でガガッとすべって下った!今回は雪質が固めだったからか前回ほどスピードが出ずお尻も痛かったが、やっぱこの遊びはオモシロすぎる!最後のすべりポイントでコースアウトして深雪の中でもがいたり、登りの時はしっかりついていたトレースがなくなっていて思わぬラッセルに仰天したりとぷちアクシデントにも見舞われなお楽しかった☆

<ハッスルぱぴのこ>あやっち
p1ICXwQEqrCq0cac1o03ks3kskXL00.jpg


下った後は温泉♪山遊びの後の温泉ってなんでこんなに気持ちが良いのだ!寒い思いをすればするほど、その後がなおさら気持ちがいい。そして飛び入りしたピザ屋がまたうまうま☆遊びの余韻とほどよい疲労感と温泉とおいしいご飯とステキな友達との楽しい時間...シアワセとはこういうことなんだなーとしみじみ想うのであった。


あやっち、いつも車出し&運転&写真撮影ありがとう!
ナンマミ、いつも色々取りまとめ&運転ありがと!
けいちゃん、今回一緒に行けなくてほんと残念!

また来シーズンみんなで滑りに行こう!


◆メモ
・タイム:
10時半 女神茶屋前駐車場到着

11時 登り開始

14時半過ぎ 森林限界到着

14:45 すべり開始

16:15 駐車場到着
・温泉:河童の湯(安いしやわらかい湯がGood☆)
・晩御飯:Pizzeria ぴざ屋(薪で窯焼き、安くてシンプルでアットホームなうまさがGood☆)
・装備:目出し帽&ゴーグル必携のこと!
2008-03-03(Mon)

2月のまとめ


登り
2/6(木)RaBオープン、1ヶ月半ぶりにクライミング復帰。
・週3~4回ペース、毎回軽めに登る@RaB。
・マット着地時の衝撃による足への負荷がこわくて
 高所での思い切ったムーブが出来ず。
・足は動きによっては軽く痛む。
・怪我前の50%ぐらいまで戻って来た模様。
・外岩ゼロ回。

走り関連
・2/17(日)の東京マラソンに備えた練習として、
 5キロ走1回、10キロ弱歩き1回。
東京マラソン完走(6時間42分15秒)。
・翌週末自宅からRaBまで17~8キロ歩き、3時間45分所要。
・マラソン完走以来膝裏の腱の痛みがなかなか消えず、
 クライミングにもぷち影響。


・あまり読まず。
・佐藤多佳子著「しゃべれどもしゃべれども」が面白かった。

音楽
・「New Cinema Paradise」のサントラがGood☆
・Jack Johnsonの新譜はまーまー。
・久し振りにDef Lepardを聴き、そのカッコよさに改めて驚く。


・ぴのことぱぴこは相変わらずのかわいさ。
・うちの子になりかけた「ポコちゃん」2/22(金)亡くなる。

総評
・怠け癖からなかなか抜け出せず。
プロフィール

papinoko

Author:papinoko
扶養家族:ぴのこ&ぱぴこ&ちこ&やこ
好きな食べ物:きのこ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。