--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-29(Tue)

大雪渓と星空と雷鳥の白馬

7/26(土)

3年前、登り始めてすぐ天候悪化で敗退した大雪渓経由白馬岳登頂にようやく再挑戦のチャンス到来☆以前ぱぴのこが出演したBSジャパンの「オフタイム」に友達のまみちゃんが出演することになり、その撮影に同行することになったのであります。

メンバーはヒロインまみちゃん、けいちゃん、おくちゃん、ぱぴのこ&担当ディレクターの5人。今回おくちゃんは山デビュー、ぱぴのこは夏山デビュー☆

1100過ぎ、今回の登り口である猿倉(標高1250m)出発。見晴らしのない地味な登山道が続く。めっちゃ暑い。1200過ぎ、白馬尻到着。大雪渓から吹き下ろす風がギリリとひんやり、生き返る。軽く休憩後大雪渓へ。

1300前、大雪渓取付部到着、軽アイゼン装着後大雪渓登り開始。思ったより傾斜があるけどザックザクアイゼンが利いて楽しい!大勢の登山者を予想してたけど我々のスタートがだいぶ遅かったせいか他に登る人はほとんどいなくて快適☆雪渓の両側には緑の木々とガレ場が広がり、霧と雲が超高速で動き青空が見えデデーンと景観が臨めたかと思えば10m先も見えないぐらい一面真っ白になったり。雪渓上には小石からデカイ段ボール箱大の石がゴロゴロしていて、これらは全部落石。時々雪渓の端っこでカラカラぷち落石が起きてびびる。

<大雪渓>
P7260046.jpg

1430過ぎ、大雪渓が終わり大雪渓を見下ろしながら開けた道を登る。ここら辺から急に脚が動かなくなって、なんとなく胸が押さえつけられる感じがして来た。どうやら高度の影響が出て来た模様。以前も2400mぐらいの標高で具合が悪くなったことあるから高度に弱いかもしれないと思ってはいたけどやっぱりそうみたい。出発時間が遅かったのもあってのんびりしてられないのに体が言うことを聞かない。

午後天気崩れるという予報は外れ、山の上部は高速で流れる雲の間から日が照って来た。登って来た道を振り返って景色を眺め重い脚を運ぶ。また振り返っては眺めに元気をもらい一歩一歩進む。小さくてかわいい白、黄色、ピンク、紫の高山植物や、登ったら楽しそうな岩に励まされ、滑り落ちたらやばそうな小雪渓をひやひやしながらアイゼンなしで渡り、斜面を登り続ける。

<登って来た大雪渓を見下ろす>
P7260071.jpg

1600過ぎ、山小屋(白馬岳頂上宿舎、標高2730m)が見えて来た。が、我々の泊まる小屋はそのもう少し上の白馬山荘(標高2832m)。足を滑らせてしこたま膝を打って痛さに半泣きになりながら1630過ぎに頂上宿舎到着。一瞬そこに泊まることも検討されたけど翌朝の予定を考えてやっぱり白馬山荘に泊まることにして先を進む。頂上宿舎の少し上の稜線に出ると景色が開けて気持ち良いことこの上ない!秒単位で動きまわる雲と霧で目まぐるしく変わる景色を楽しみながらゆっくり歩き1730前も無事白馬山荘到着!ヤッホーイ!

白馬山荘は日本一大きい山小屋で、定員なんと1200人!この時期白馬登山最盛期のためこの日もものすごい人。受付のお姉さんの無愛想な態度と布団一組に二人という混み具合がいやで頂上宿舎に戻ることにする。その前に白馬山荘の立派なレストランでコーヒーとケーキで休憩♪

1800過ぎ、頂上宿舎に向かって下る。景色と花を楽しみながらおしゃべりの花を咲かせみんなニッコニコの笑顔☆多少辛い思いをしながらもこうやって豊かな自然に浸かってると、感情が解き放たれ、自分の隠れた想いに気付いたり、色んなプラスのベクトルの想いが湧き上がって来て気付くと笑顔になっている。心底幸せだと思う。この瞬間生きていること、生かされていることに感謝せずにいられない。

<白馬山荘とぱぴのこ>
P7260107修正

1830頂上宿舎到着、受付の気持ちの良い接客にやっぱりここにして良かったと思いながら部屋へ。一人布団一組、しかもセミダブルサイズの大きい布団。ラッキー♪夕暮れのキレイな景色を楽しみながらバイキングの夕食を食べ、暗くなってから外へ出て星の鑑賞。最初あまり見えなかったが暗さに目が慣れ来て時間が経つにつれ星がどんどん暗い空の隙間を埋めて来ていつの間にか夜空は星でモッサリ!遠くでは稲妻が大ハッスル。ぬあ~!幸せじゃー!

2030過ぎ就寝。が、うつらうつらするも暑さと息苦しさで良く眠れず、12時過ぎにトイレに行き、ちょうど起きたおくちゃんとヒソヒソおしゃべり。今回山登りデビューのおくちゃんも高山の影響であまり調子が良くなく全然眠れずにいたそうな。ちょっとおしゃべりしてストレッチして横になると今度はちゃんと寝れた。


7/27(日)

0330起床(--)。支度して宿が用意してくれたお弁当を食べる。こんな時間に朝ごはんとはなかなか激しい。0400過ぎヘッドランプ付けて出発。外は真っ暗&ガスで真っ白。でも思ったより寒くはない。しっとり濡れながら黙々と白馬山荘へ向かう。目指すはその先の白馬山頂。白馬山荘に着くと異様な人ゴミ!ほのかに明るくなる中列をなして頂上へ向かう人々に交じって我々も歩く。0450頃の日の出を見たかったけどガスっていて到底ご来光は望めそうにない。

0500頃、山頂到着!あたりは真っ白、何も見えましぇ~ん。風もあって寒い。人でごった返す頂上で記念撮影したりして少し待ってみたけどやっぱり駄目っぽいので先に進む。前も後も人の列!ちょっとストレス感じるけど仕方ない。

片側崖の急なガレガレの道でびびりまくりながらガスで景色の見えない尾根(ちなみにこの尾根は新潟県と長野県の県境)をしばらく下る。と、時々ガスが晴れて雲も途切れて来て進行方向左側(新潟県側)にぶわーっと山並の景色が広がって来た!一瞬で雲に覆われたかと思えばまた晴れ、また隠れ。そんな尾根道は歩き易くめっちゃ気持ち良い。ルンルン♪

<新潟県側>
P7270134.jpg

<カデイラ>
P7270161修正

0900前、白馬大池(標高2379m)到着。あんなところを歩いて来たのか?!と歩いた尾根を信じられない思いで眺めながら長めの休憩。

<白馬大池>
P7270165.jpg

0930過ぎ大池出発。岩々の不思議な道をしばらくせっせと歩き乗鞍岳(2436m)を通過、ハイマツの間の道を進んでいると、鳥がいた。良くみるとそれはなんと雷鳥!羽を膨らめせて砂浴びをしていた。初生雷鳥にぱぴのこ大感激!かわいい♪人が通れるのはその道しかないのでなるべく驚かせないようにそうっと近くを通ると、驚いたり怯えることもなくピョコピョコとハイマツの上に移動しきょろきょろこちらを眺めていた。雷鳥かわいい♪元気でね!心でバイバイを言って先へ進む。

<ラブリー雷鳥>
P7270183.jpg

滑りそうになりつつ雪田を通過した後は急なゴロゴロの岩道。結構キツイっす。しばらくヒーコラヒーコラ下ると目の前に湿原が広がり、間に木道が見える。その木道を我々も進むのだ。それにしてもなんて盛り沢山なんでしょう!雪山よりも景色の変化が激しくて目がまわりそう。なるほど、これが夏山の楽しさのひとつなのだね♪

木道は短かったけど歩きやすくて、それまでがハードだったからホッとした。その先は景色の見えない木々の間をひたすら黙々と下る。履きなれない登山靴のせいもあってか両方の足が痛くてだいぶ疲れてしまいふさぎこむぱぴのこ。自分の体力のなさ、弱さ、不甲斐なさが悲しい。

1230過ぎ、今回の歩きのゴール地点である栂池平(標高1900m)に到着。ロープウェイとゴンドラリフトを乗り継いで栂池高原へ無事辿り着いた。タクシー乗り場で車を停めてある猿倉の下の臨時駐車場行きのタクシーを待っていると今降りて来たばかりの方向の空に真っ黒い雲。すぐにゴロゴロ鳴り出してちらっと雨が降り出した。ようやくタクシーが来て乗った途端本格的に降って来た雨。なんという絶妙なタイミングなんでしょう!

下山後はやっぱり温泉でしょう!この辺の温泉に色々行った末ここが一番好きだというまみちゃんお気に入りの倉下の湯へ。ぱぴのこは3年前敗退時一度行っている。お湯は赤くてしょっぱすっぱい。風呂上がりはお肌つるつる♪

1600前、温泉を出て帰路に着く。途中寄った双葉SAで激辛カレーラムネをみんなで味見。めっちゃカレー!飲めるけどひとくちでごちそうさまでしたでございます。

20080728175436.jpg


天候が崩れるという予報が外れ、期待していなかった星空を堪能し、白馬岳の頂上に無事立て、バラエティに富みまくりの山道と景色を満喫し、かわいい雷鳥にも出逢い、みんなとそんなスバラシイ時間を共有出来た幸せに感謝☆

#まみちゃん、けいちゃん、おくちゃん、ディレクターさん、ありがとう!
8/9(土)のOAが楽しみ!

さて、次は8月末にどこか登ろうかな♪
スポンサーサイト
2008-07-24(Thu)

antique / ko-ko-ya

5/31の衝撃的な出逢い以来待ち焦がれていたコーコーヤのファーストアルバムがついにリリース!

ぬあー!まさにナチュラル!心地よくてほんとステキ!!!4曲目の「雲のかたち」にRaBオーナー夫人がコーラスで参加していて、これがもう美しすぎて、耳にした途端涙ぐんでしまったぱぴのこ。

<ぴのこもうっとり>
20080724215258.jpg



7/31(木)にはアルバムリリース後初のライブがプラッサオンゼにて開催♪これもまた待ち遠しいったらありゃしません。

以下タワーレコードHPのアルバム紹介を転載。

********************************************

大貫妙子、奥田民生、矢野顕子、鈴木慶一、宮沢和史らのコンサートツアーに参加する日本を代表するガットギタリスト、笹子重治の新ユニット「ko-ko-ya」のファースト・アルバム。2004年、ショーロにインスパイアされた笹子重治(ギター)、江藤有希(ヴァイオリン)、黒川紗恵子(クラリネット)の三人が世代を超えて結集。デビュー盤となる今作は、山梨県の山の中にあるカフェを利用した完全アナログ一発録りで、ko-ko-yaのメインジャンルであるショーロが生まれた古き良き時代の空気感さえも閉じ込めた作品。全てのレコーディング機材を1950~1960年代の機材で統一し、現在のレコーディングでは不可能とされているアノ時代の空気感を見事に再現。ブラジル音楽ファンのみならずオーディオマニアも納得させる作品が完成!M-4「雲のかたち」にanonymass(アノニマス)の神田智子が、M-9「三月末の真夜中は」にSaigenjiがゲストVo.として参加。

********************************************

※ライブに興味ある方、連絡ください☆
2008-07-23(Wed)

東京マラソン2009エントリー

来年3/22開催の東京マラソン2009のエントリーが7/22から開始!
あの感動を再び味わいたい!
というわけで早速エントリー♪
今大会は更に抽選の倍率上がるだろうなぁ。
秋の抽選結果を待ちながら調整も開始しなきゃ☆
2008-07-20(Sun)

天然氷のかき氷

7/19(土)

14時に埼京線十条駅集合、向かうは「だるまや餅菓子店」。都内で唯一天然氷のかき氷が食べれるそうな♪たーぶー、ソニ、おくちゃんと活気溢れるこれぞ正しい商店街を200m程歩いてお店到着。

ずらりと並ぶかき氷メニュー。甘酒なんてのもあるよ。どれもこれも美味しそう☆全員激しく迷ってそれぞれ着地。

<ソニセレクト「カルピス」>
20080720002826.jpg

<たーぶーセレクト「グレープフルーツ」>
20080720002910.jpg

<おくちゃんセレクト「クリームいちご」>
20080720002925.jpg

<ぱぴのこセレクト「特選ミルク宇治金時」>
20080720002758.jpg


全部ウマイっす!氷がサラッサラで甘い!シロップや素材にもこだわっていて安っぽさゼロ、でも素朴で、なんだか懐かしい感じがして気持ちがホッコリ☆近々また食べに行こ♪


<商店街の洋服屋にかかってたキモイもん>
20080720002950.jpg
2008-07-14(Mon)

ブルーベリーと温泉と蛍の小川山

7/12(土)

なんとなく惰性で出動w/シラス&Yusuke。暑いし完全にだらけモード。シラスの希望で韮崎で降りてひまわり畑を観に。が、まだまだ咲いてません。

<間違って咲いちゃった一輪を激写のシラス>
20080713002436.jpg


代わりにすぐ隣のブルーベリー農園でブルーベリー狩り☆40分食べ放題、お土産用ポリ箱付きで1000円は安い!ノリノリのシラス&ぱぴのこ、しぶしぶのYusuke。

<しぶしぶYusuke>
20080713002446.jpg


<ゴロゴロ鈴なりブルーベリー>
20080713002627.jpg


ぱぴのこは100粒ぐらいまでカウントしたけどそれ以降めんどくさくなって数えるの断念。その後も結構食べたから一体何粒食べた事やら。一生分の生ブルーベリーを食べたった。

ブルーベリーでおなかたぷたぷに満たしてゆるゆる出発。途中山道で猿の親子に遭遇。車を降りて見物。ゆるくて大変よろしい。

川上村産朝摘みレタスなど野菜が安く買えるとの噂をきいてたので久々にナナーズに寄ってみる。元気モリモリのレタスたち発見☆でも朝買っても帰る頃にはしなしなだろうから買わずに行動食のみ調達。シラス&Yusukeの陰謀でジャンボチキンカツを無理やり買わされたぱぴのこ。このカツ、味はあまり期待してなかったけど意外にうまくてびっくり。味噌味のソースがいい感じ♪

<ジャンボチキンカツ>
20080713002717.jpg


ナナーズ駐車場で車故障で立ち往生のToshikoちゃんの友達の青年をひとりレスキュー。以後夕方まで一緒に行動。忘却岩→流れ岩(?)→一筆岩とこの日はシャクナゲ三昧。ゆるゆるで大変よろしい。

帰りに再びナナーズに寄って川上村産にんにくをゲット☆

<朝摘みブルーベリー&天狗顔にんにく>
20080713002734.jpg


そして本日のメインイベントの増富の湯へ♪ぱぴのこは2度目か?温泉の効能はなかなかなんだろうけど何せぬる過ぎて寒い。でもなぜか帰りの車の中でぽかぽか体が火照って来たよ。

韮崎ICに向かう真っ暗の山道の途中で水田の上に光る物体を発見。車を止めて蛍観賞☆道路に飛んで来た一匹をシラスがキャッチ。ちっこいのにめっちゃ光ってて不思議極まりない。

韮崎IC入口すぐ近くの目当ての定食屋が閉まっていてちょっとさまよった挙句バーミヤンに辿り着いてちょっと残念な〆。でも一日盛り沢山過ぎるくらい色々堪能して大変おもしろ楽しい一日でありました。この時期だからこそ出来る贅沢ですな。


#シラス、Yusuke、ゆるゆる楽しい時間をありがとう!


◆メモ◆

・忘却の果て1D:×
リップ触るとこまで到達。

・流れる3Q:×
スタートがよくわからず。が、きっとのっぺりスローパーからだろうな、でも時期的に全く止まらずそこ飛ばして上のこぶからスタート。その上のちょっと遠いポッケまでデッド。着地に失敗し以前傷めた右足首がちょっと痛くなって戦意喪失。

・達筆3Q:△
左端から右手カチ取って直登は×。切り株に乗って右手カチ両手スタートで直登は○、体感4Q。

・運転:談合坂SA→ひまわり、金峰山荘→ナナーズ、韮崎のバーミヤン→石川SA。結構運転したよ。



◆おまけ◆

※写真グロ気持ち悪いのであしからず...

温泉上がって鏡を覗いてびっくり。右目にあり得ない出血発見!痛くもかゆくもないのに一体何事??どこで何が起こった???

月曜朝眼科へ。

老先生「重いもの持ったり力んだりした?」
ぱ「!!!ロッククライミングしてました!」
老先生「ははー、それだね。力んだりするとなることがあるんだよ」

血圧や眼圧測って目玉覗かれて眼球には全く問題ないと診断。1週間~10日で治まるんだとさ。点眼薬処方してもらってオシマイ。しっかし目玉から血が出るってどんだけ力んだんだ???みんなも気を付けましょう。

20080713002747_20080714144708.jpg
2008-07-11(Fri)

1981年デジタル録音

グレン・グールドはバッハ「ゴールドベルグ変奏曲」のアルバムを2枚遺している。一枚目は1955年録音のデビューアルバム(モノラル録音)。二枚目は死去一年前の1981年のアルバム(デジタル録音)。その二枚目を今更ながら購入。そして悶絶...

20080711222639.jpg


一枚目より全体的にテンポが遅いがメリハリが絶妙すぎ!シビレル!一音一音が独立した魂を宿しつつアルバムの最初から最後までがひとつの完璧なアートとして完成されている。あまりにも有名なアルバムだからその評判に洗脳されてるかもしれないことを差し引いても、やっぱこれはもう堪らずスバラシイ!

静かに熱く心が震える。
2008-07-10(Thu)

ベンゲーラ

7/9(水)

カポエイラ道場第14弾☆生徒はぱぴのこ&遅れてデブ蛙のふたり。デブ蛙が来るまでの約30分間師範とぱぴのこのマンツーレッスン、うふ♪

この日は、ずっと地面に手足をつき続けながら蹴ったり避けたりする「ベンゲーラ」というスタイルを練習。

・Benguela ベンゲーラ:
ヘジォナウとアンゴラの中間よりアンゴラ寄りスピードのリズムを用い、近距離でお互いを試すように複雑な動きなど織り交ぜて行うスタイル。

今まで味わったことにないキツさ、難しさ!ポイントは足で相手の顔を追いかけるイメージで動くこと。ぱぴのこは特にマテーロ・ジ・シャオンがちょー下手っぴでなかなか形にならず、重点的に指導してもらってなんとなくわかったような気がするようなしないような...

お遊びタイムは変形アウーの練習。ぱぴのこはアウー自体がまだまだまともに出来ないので変形アウーは見学しつつアウーの練習。脚をピーンと伸ばすことを意識するべし。あと脚支えてもらっての逆立ち歩きにトライ。3歩歩けた、あはは。

家で出来る練習色々教えてもらったのに全然やってないこの頃...特に逆立ちは出来ないとこの先上達が望めないしひとりでも充分練習出来るんだし、ちゃんとまじめにやりんしゃい!

というわけで、これからほんのちょっとでもいいから毎日逆立ちの練習をするのだ!しゃ!


#師範、いつもほんとにオブリガーダ☆
2008-07-07(Mon)

ぷち山駆けのちRaBのち褌&マッスル祭

7/6(日)

ハセツネカップまで100日を切ってしまった...やばい。やばすぎる。ってんで慌てて出動。丸3週間ぶり。やっぱりやばい。

・参加者:Yusuke&ぱぴのこ
・天候:曇り、蒸し暑すぎ!
・行動距離:徒歩込み12キロぐらい??(Yusukeは16キロぐらい??)
・行動時間:3.5時間ぐらい(休憩等30分含む)
・コース:武蔵五日市駅→金毘羅尾根→(Yusukeは+御嶽山までの往復)→つるつる温泉
・消費飲食料:
 アミノバイタルプロゼリー×1
 アミノバイタルプロ顆粒×1
 おにぎり×1
 水1.5リットル
 鎮痛剤×1

9:30武蔵五日市出発、舗装路の上り坂を歩いて10:20琴平神社付近到着、ランニング開始。Yusukeとぱぴのこではあまりにもペースが違い過ぎるので、ぱぴのこは日の出山下の分岐まで、Yusukeはその先御嶽山まで往復して分岐で待ち合わせすることにしてそれぞれのペースで走る。文字通りあっと言う間に見えなくなるYusuke、トロトロゆるゆるのぱぴのこ。

急な上りは相変わらずお話にならないけど3週間前よりちょっとした上りは走れて楽しい♪3週間開いても体は思った以上に山駆けの感覚を覚えているんだね。不思議だ。てことは間開けなければちゃんと上達するってことだよね。当然のことではあるけどちょっと希望が見えて嬉しい。

しっかし暑いしものすごい蒸すしで滝のような汗が止まらず服もザックもびっしょびしょ。途中ふうふう言いながら急な上りを上ったところで銀竜草の群生に遭遇!こんなにもりもり生えるんだね!あまりにも不思議でキレイで上りの辛さが吹っ飛んだ☆

<銀竜草の群生!>
20080707094629.jpg


待ち合わせの分岐にちょうど1.5時間で到着。ぱぴのこ的には上出来!ベンチに座って蚊に食われながらおにぎりむしゃむしゃ。ほげ~っと20分待ったところでYusukeが御嶽山往復から戻って来た。私が1.5時間かかった分岐まで1時間かからなかったそうな。分岐から御嶽山まで往復4.2キロを1時間かかってない。やっぱ一緒に行動は難しいなー。ちゃんと練習すればなんとかなるもんだろうか...ちょっとションボリ。

分岐から温泉までは下りのみ約1.5キロを走って舗装路約1.5キロを歩く。この下りが傾斜も路面も見事に程よくてめっちゃ気持ちよく10分ちょいですいすい駆け下りた。でもこの下りの前までは大丈夫だった右足首がちょっと痛くなってしまった。これぐらいの下りで痛くなってしまっては先が思いやられる..

12:50無事つるつる温泉到着、ゆっくりして14:05温泉発バスで武蔵五日市駅へ。距離は短かったけどやっぱそれなりにお疲れっす。

今日のコースは今のぱぴのこにとってベストのトレーニングコースかも。MTBでよく走ってたから馴染み深いし無理のないほど良い距離だし何よりも上り下りの傾斜と路面状態が良く走りやすい。定期的にここを走ることでトレーニング状況を確認しよう。

走った後電車乗り継いで2時間かけてRaBへ。楽しみにしていたタコスは売り切れで間に合わず、無念。激暑のジムで汗ダクになりながらたーぶー課題やニュースタッフのよっちゃん課題で遊んで焼肉へGO!デブ蛙誕生会&よっちゃん歓迎会であります☆

プレゼントされた褌をその場で試着のデブ蛙、師範&よっちゃんのマッスルコラボ、よっちゃんのマッスル観賞と相変わらずの狂乱っぷりでございました。筋肉万歳!

<ふんどしマン> ※本人の強い要望により掲載
a.jpg


<魅惑の背筋♪>
20080707103627.jpg


#Yusuke、山駆けご一緒ありがと!ペース違い過ぎるけどまたご一緒しましょ☆

#デブ蛙、はっぴばーすでぃ☆

#よっちゃん、ようこそRaBへ♪
2008-07-03(Thu)

ジジ殿御来訪

7/2(水)

KNK宅の御主人様であるジジ殿が我が家へ御来訪。見事なペチャ顔、5.5キロの立派な体躯、もわんもわんの毛並み、生娘のように鮮やかなピンクの肉球のジジ殿、か、かわいい☆

<少々御立腹ジジ殿>
20080703094614.jpg


立派な殿方を前にご機嫌斜めのぴのこ、ジジ殿の半分ほどの大きさながら果敢に威嚇し隅っこに逃げてぷりぷり怒り続ける。ぱぴこは最初だけちょっと唸ってあとはひさすら無視。ジジ殿が本気出したらうちの箱入り娘たちはイチコロなのですぐにジジ殿を隔離させて頂く。

猫はほんと不思議でカワイイね。

いつもありがと、ぴのこ&ぱぴこ☆
プロフィール

papinoko

Author:papinoko
扶養家族:ぴのこ&ぱぴこ&ちこ&やこ
好きな食べ物:きのこ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。