--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-31(Sun)

近藤恵介展&フランス近代絵画展

近藤恵介展

オペラシティアートギャラリー

お目当てはRaB受付後ろの壁に山の絵を描いた近藤恵介君の展覧会だけど、他にも同時開催中の展覧会も鑑賞。

20080831151451.jpg

Trace Elements」は日豪アーティストの映像&写真アート。予備情報一切なしでな~んもわからないままだったけど、これがかなり面白かった。難しいことが理解出来ないぱぴのこなのでアーティストのメッセージをちゃんと受け取ることは出来なかったと思うけど、よくわからないなりに脳みその後ろの下あたりの感覚がジワジワ刺激されて面白い気持ちになりやした。

続いて「麻田浩展」。有名な作家らしいけどぱぴのこは知らなかった。作家の苦しみが伝わるような暗くてグロい作風に、自分の家には飾りたくない感じの心地悪さを感じてしまったぱぴのこであります。

01.gif

近藤君の作品は3月にも観に行ったのだが、今回はその時の作品の一部と新作、そして過去の作品がたくさん揃っていた。近藤君がRaBの壁に絵を描いている姿が展示されている作品と重なる。彼の作品を観てると静かで不思議な楽しさが湧き上がって来る☆



フランス近代絵画展

松岡美術館

この美術館は松岡清次郎という事業家のコレクションを、氏の「美術品は私蔵するものではなく、広く一般の美術を愛する人々に公開すべきものである」との信念のもとに開設されたそうな。

20080831151531.jpg

エジプトを含む古代オリエント美術、現代彫刻、中国やガンダーラ等の仏像、東洋陶磁などのコレクションが常設展示されており、企画展として「フランス近代絵画展」が開催されている。今回のぱぴのこのお目当てはこの企画展だったのだが、他の常設展示の作品が想像以上に良くて、だいぶうきうきしてしまった。

すごく印象に残っているのが仏像のコレクション。仏像が展示されている部屋に入った途端、不思議な感覚が頭蓋骨にジリジリ押し寄せて来た。そして、とあるガンダーラの仏像の前に立った時そのジリジリがぶわっと増した。仏像の前で眼をつぶって見ると、またさらにジリジリ。心地良いというのとは全然違う、かと言って苦しいのかというとちっとも苦しくなんかない、パワーのようなモノな気がする。なんだろこれって??今度また行ってみよう。

あと唐三彩馬俑に目が釘付け!馬のやきものなんだけど、躍動感あふれる姿が馬そのもので、今にも動き出しそうなのだ。これはまた改めてじっくり観たいですわ。

2008-1450.jpg

そして企画展、シャガールが予想以上に素晴らしかったよ。シャガールの作品は4点あり、うちの2点がやたらとパワフルで何かが押し寄せて来る感じ。そしてまたぐっと来たのがヴラマンクの作品。ほとばしるパワーがもりもり!今回は2点だけだったけどもっと他の作品も観てみたい。



いやはや、あれこれ予想外に盛り沢山で、楽しくてステキな時間でした。それにしても、私は絵を観ることから何を得たいのだろう?何を求めて絵を観るのだろう??つくづくわからないぱぴのこであります。
スポンサーサイト
プロフィール

papinoko

Author:papinoko
扶養家族:ぴのこ&ぱぴこ&ちこ&やこ
好きな食べ物:きのこ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。