FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-29(Mon)

グロヴァッツスラブで段デビュー☆

9/28(日)

RaBのお客さんしょうごちゃんのドデカアメ車に8人とマット4枚を乗せて、車内でクライミングやお笑いDVDを観ながら8/10のゆるゆるBBQ登り以来1ヶ月半ぶりの小川山へ。メンバーは、RaBお客さんで今回外岩デビューのしょうごちゃん&いっしー、同じくRaBお客さんにっしー、たーぶー、外岩デビューのソニ、師範、Yusuke、ぱぴのこ。

<助手席にも専用モニターがあるのだ!>
P9280124.jpg

<ヘイ、ベイビ!>
P9280127.jpg

完全に晩秋の陽気の小川山は、登ってない時はフリースを着てないとサブイ!つまりはフリクションはいい感じ♪

<変なブツブツのある不思議キノコ>
P9280129.jpg

まずは林の中のボルダー。今回外岩デビューのみなさんとトリトン岩で遊んでクジラ岩であれこれタッチ。穴社員3Qはやっぱいい課題ですなー。大変気持ち良い。エイハブ船長1Qはまあ相変わらずです。穴社長2Dがなぜか1手前進してピンチ手前のポッケが取れてしまった。早くちゃんと打ち込める日が来たらいいな~☆

ゆるく遊んで師範と一緒にグロヴァッツスラブ1Dを触りに。女性1人&男性2人がトライしているところにまぜてもらう。

グロヴァッツは、以前数回トライしたけど豚鼻が取れなかった。今回は豚鼻が取れる直前で右足が滑ってしまい落ちること数回。一緒にトライしていた女性は私より身長が低いのに豚鼻を余裕で取っている。良く見ると左足に体重を乗せて右足は身体を押す感じにしていた。私は右足に体重を乗せてたから滑る&体も伸びなかった模様。ふむふむ。

そんな中師範があっさり完登!文字通りあっさり!朝いちで田嶋ハング1Dもサクっと落した師範、すばらし!さすがです!おめでとさん!

そうこうしてるうちにその女性が恐怖の後半部まで進み上部のガバを取るところまで行った。が、左手をとばしてそのガバを取るにはリーチが足りなくて届かず、残すは右手出しだが怖さで手を出せず、しばらく上で驚異のネバリを見せるもヨレて下りて(落ちて??)来た。そのトライを見てるだけで心臓がドキドキして脚が震えたぱぴのこ。でも私ならあそこで左手とばしてガバに届くはず、そしたら足をあそこらへんに置いてガバをマッチ出来るはず、となんとなく見通しは立った。でも恐ろしすぎるよぉ...

あと1~2回触って今日はオシマイかな~?と思いながらトライ。豚鼻取る時左足に乗り込むのを意識したら豚鼻が取れちゃった!ヤバイ!どーしよー!びびって下りたくなるも下から飛んで来るゲキとナビに励まされソロリソロリ一手一足進めて行きガバ手前に到達!

恐ろしくて仕方ないのになぜか迷わずガバを左手で取るべくムーブを起こしている自分にびっくり。左足をちょっと盛り上がったダイクに乗せて乗り込むとガバに左手第一関節がかかった。更に乗り込むと第二関節までガッツリかかった。さっきなんとなくイメージしたところにちょっとさぐりながら足を置いたらいい感じでバランスが取れた。迷わず右手をガバに伸ばしマッチ。

んあー!もう後には戻れない!緊張と恐怖で過呼吸になりそう!深呼吸して気持ちを落ち着かせようと試みる。遥か遠く下の方でみなさんが慌ただしくマットを移動する様子が目に入った。みなさんありがとう...でも、いくらマットがあっても、みなさんが最良のスポットしてくれたとしても、ここで落ちたら私はひとたまりもありません...落ちるわけには行かないのじゃー!今まで味わったことのない命の危険と緊張と恐怖を感じつつも、なんとも言えない昂揚感のようなものが脳内をじんじん駆け巡っていた。

登り切るしかない。上は難しくないと聞いていたし「そこだけ見ると」確かにそれまでのムーブからすると全然難しくない。でも高さから来るプレッシャーと恐怖が加わってどうしようもなく恐ろしい。でも、恐怖におののいているぱぴのこという着ぐるみを着たもうひとりのぱぴのこが、内側から正気を保っているような感覚の中、危うさたっぷりのノロノロさながら一手一足進めて行き...完登!

くわぁー!上でひとりヒーヒー荒い呼吸を繰り返しながらむせび泣きしました。信じられないという想いと、たった今確実に通って来た過程がごちゃごちゃになって、心が嬉しさでバクハツしそうだった。でも今回完登出来たのは、みなさんのムーブを見せてもらえて、みなさんが足置きのナビゲーション、応援、スポットをしてくれたからこそだった。ほんとにほんとにありがとう!クライミングって、登るのは自分だけど、ひとりだけでやれるものじゃないということを痛感しました。人生と同じだね☆

いつか「段」が登れるようになりたいなぁと思って来た事が実現してしまった。今まで味わったことのない恍惚感と興奮と喜び、そしてなぜか寂しさのようなものをおぼえた。「初めて段が登れた」という一生に一度の体験が終わってしまったからなのかもしれない。なんとも不思議きわまりない心体験だわ。

<日本で見られるキノコの中で一番毒性の強いというドクツルタケ、確実に死亡するそうな>
P9280132.jpg

各自思い思いに遊んで14時頃ビクター岩へ移動。また思い思いに遊んで17時前に撤収。ふじもとで〆。小川山日帰りで初めてビールを飲んだ。格別にうまかった♪

この日のみなさんの成果。おめでと!

・師範:田嶋ハング1D&グロヴァッツスラブ1D
・いっしー:穴社員3Q&コンケイブ3Q
・しょうごちゃん:コンケイブ3Q&潮吹き穴4Q
・にっしー:潮吹き穴4Q
・ソニ:7Q×2


ご一緒してくれたみなさん、楽しくて素晴らしい一日をありがとう☆
スポンサーサイト
プロフィール

papinoko

Author:papinoko
扶養家族:ぴのこ&ぱぴこ&ちこ&やこ
好きな食べ物:きのこ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。