--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-31(Fri)

David Mead / Mine and Yours

My Best Album 2008候補か?!David Meadの「Mine and Yours」。

ラジオで流れていたOnly in the Movieという曲にアンテナがピピッ反応。あまり扱いがないようでアマゾンで中古を購入。

315X1WVTKML__SS500_.jpg

たまげた。なんですかこの心地よさは?!

2001年リリースのアルバムなのだけど、80年代の香りを漂わせつつオリジナリティと新しさがほんのり彩りを添える感じ。キャッチーだけどくさくない美しいメロディ、そして声がなんとも美しいったらありゃしません!参りました。他のアルバムも要チェックですわ。

好きな音楽って、その時々の心の状態と密接に結びつく。背骨への音楽の沁み具合と心の状態が互いに手をさしのべ合い、ますます背骨に沁み心はますます潤う。

このアルバムは今の私の心境そのまんまみたい☆


<Only in the Movies>

スポンサーサイト
2008-10-29(Wed)

完全燃焼

『脚が痛いとか調整不足とか、そういう決定的なことではなく、練習をしていく中で、これを「プロ高橋」といって皆さんの前に堂々と立てるのか。ここはこのくらい走っておきたい。やっぱり出ておけばいいやという走りはしたくない。自分の納得のいく走りが出来なくなったこと、そして精神的、肉体的に、これが限界なのかなと自分で感じたことが引退を思う原因となりました。』

Qちゃん自ら「自分の納得のいく走りが出来なくなった」、「限界」だと言い切った。あの走ることが大好きで、文字通り「走ることに全身全霊を捧げた」Qちゃんがそう言い切ったのだ。想像を絶する「全力」を注いで来たQちゃん。そんな彼女が「完全燃焼」だと言った。

お疲れさまでした、Qちゃん。

Qちゃんの新たな旅路を、心から祝福します。

PA290335.jpg
2008-10-28(Tue)

12年前

ぱぴのこは、20代前半の2年間、マレーシアの首都クアラルンプールに住んでいた。その時知人のところからうちに来たのがぴのこだった。

その知人の家には既に先住猫がいたのだが、新参者のぴのこ(当時の名前は「ひめ」)とその先住猫との相性があまりにも悪く、子猫なのに流血のケンカが絶えず、しまいにはストレスで血便が出る始末。とても一緒には飼えないということで新参者の方を里子に出すことになったのだった。

それまで猫は飼ったことなかったし、飼おうと思ったこともなかった。でもひめ(ぴのこ)の事情を知り、ひめ(ぴのこ)に会ってみたら、これがまたなんともかわいいったらありゃしません!ぜひ一緒に暮らしたい!こうしてぴのこはぱぴのこのところにやって来た☆名前は「ピノキオ」の「ぴの」に、女の子だから「こ」をつけた。

<ぴのこinマレーシア>
Epson_0243_1.jpg

めちゃくちゃにかわいがった。だって殺人的にかわいんだもん!そして、ぴのこひとりではさみしいんじゃないかと思えてならなかった。

ぴのこと暮らすようになって数か月後、ペットショップで出逢ったのがぱぴこだった。今のムチムチぱぴことは全く別猫なんじゃないかってぐらい小さくて細くて白かった☆ぴのこと同じ「ぱぴぷぺぽ行」から「ぱぴ」を取り、同じく女の子だったから「こ」をつけた。

<ぱぴこinマレーシア>
Epson_0242_1.jpg

ちなみに、結果的にふたりともアイスクリームの商品名を連想させる名前になったけど、最初はアイスの名前なんて鼻くそほども頭になかった。

あれからかれこれ12年くらい一緒。事情があって間に1年韓国にいる親に預けていて離れて過ごしたけど、あとはずーっと一緒。ふたりはマレーシアで生まれて、その後韓国で1年間過ごし、そして日本にやって来て今に至る。

<なかよし>
Epson_0244_1.jpg

今まで色んなことがあったけど、ふたりはずーっとそばにいてくれた。ふたりの年齢を考えると、一緒にいられるのはあと数年...ふたりがいない日々なんてとてもじゃないけど考えられない...想像したくない...でもその時は必ず来る。だから今はふたりとの日々を大切に過ごして行きたい。

<ぱぴのこinマレーシア>
Epson_0245_1.jpg
2008-10-27(Mon)

ぴのこの脱走

玄関を10センチぐらい開けて魚を焼いていた。

ご飯の用意を終えて食べ始めた。あれ?ぴのこは?何か食べていると必ずチェックに来るぴのこなのにおかしい。「ぴのー?」何度呼んでも現れない。いそうなところをチェック。どこにもいない!もしや玄関の隙間から脱走?!いつもと同じぐらいの隙間なのにまさか??でも家の中のどこにもいないよ!!

慌てて捜索に飛び出した。ぱぴのこんちはマンションの5階。エレベーターには乗るわけないしならば階段だ!4階まで降りて廊下をチェック。いない。更に階段を降り3階の廊下が見えたところで下から二段目の階段の隅っこにうずくまっている白い毛のカタマリ発見!ぴのこー!

すかさず捕獲。抱き抱えるとぴのこの小さな心臓がバックバク、体は硬直。箱入り娘なぴのことぱぴこ、一瞬好奇心に駆られて冒険してみたはいいが、途中でビビって動けなくなったのだ。部屋に戻ってしばらくの間明らかにポカーンのぴのこ。その様子がなんとも可笑しい☆

とにかく何事もなく無事で良かった☆

私の不注意で怖い思いさせてごめんね、ぴのこ。

PA270318.jpg
2008-10-25(Sat)

猫パンチ祭の小川山

前日まで激しく雨が降っていたけど予報を信じて出動w/シラス、ジャンボ、Yusuke。シラスとの外岩は8月のBBQ登り以来。

廻り目平駐車場に着くと車はまばら。そりゃそーですよ。今日は色々いっぱい触るday。クジラ岩、冬の日4Dをチェック。クジラはそこそこ大丈夫、冬の日はびしょびしょでアウト。石の魂岩はパリっとグッドコンディション。

凹角4Qでアップ。が、アップにしてはちょっと悪くてアタフタ。ムーブは楽しいし高度感があって面白かった。

次に石の魂1Qをトライ。初めてまともにトライしたけど2手目の左手ポッケカチがいまいちしっくり来ず、3手目右目縦カチが取れてもパリンと左手が外れてしまう。でもムーブは楽しい☆今度ちゃんとトライしよう。

A.I.T1Dもトライ。スタートの右手ポッケはガッツリ深く指が入るけど向きが微妙でいまいちうまく持てない。太刀打ち出来ません。上も悪そうだしキビシイっす。

<石の魂1Dのリップを止める直前のジャンボ。もちろんサクっと完登☆>
PA250302.jpg

昼過ぎに雨月1Dへ移動。みんなでチョロっとトライ。ぱぴのこ的にこれは一生登れないと思う。

次は犬小屋2Dへ。ジャンボがサクっと完登。2Dないという噂だがそれなりに難しいみたい。

更にクジラ岩へ移動。14時過ぎだといつもは大賑わいのクジラ岩がガラッガラ。一瞬うちら4人だけで貸し切り状態。穴社長2Dをオサワリ。最初コンディションは良かったが途中湿り出し、そして猫パンチ祭が始まった。

緑のマント1Dをいい感じでトライしていたジャンボ、もうそろそろ落とす空気になった。そしてリップ目がけて発射した瞬間、左手カチがバチコーン!左手小指&薬指を強烈猫パンチ!

これでYusukeも猫パンチしたら面白いねって話をみんなでしていたまさにその時、穴社長トライのYusukeがバチコーン!先週の猫パンチ傷が癒えていない左手小指&薬指を猛烈猫パンチ!滴り落ちる程流血してるのにみんな笑いが止まらない。それでもトライするYusuke。そして今度は右手をバチコーン!同じく小指&薬指を強烈猫パンチ!ますます笑いが止まらない。怪我を笑うなんて普通ならゼッタイ出来ないけどYusukeの流血だけは別。おいし過ぎます。

そして16時頃また移動。シャクナゲの忘却岩へ。忘却の果て1Dはびしょびしょでアウト。ジャンボの幻の光3Dトライを応援しつつ忘却の河2Dをオサワリ。きついけどムーブが楽しい☆

PA250304.jpg

また暗くなってから撤収。またまたふじもとで〆。

<左:ジャンボ、右:Yusuke左手>
PA250309.jpg

今日はいっぱい移動してあれこれ触りまくり、落ち着いてトライは出来ないけどすごく面白かった☆他の3人とぱぴのことではレベルに差があるからぱぴのこ的には背伸びしまくりだったけど、出来る気がしなくてもみんなのムーブが見れて自分の出来なさ加減を思い知れていい勉強になったし面白かった。こういう日もいいね!

ミウラーをリソールに出しているためふるーい青サジを引っ張り出して久々に履いてみた。青サジなかなか悪くないかも。ミウラーリソールから戻ったら両方使い比べてみよう。

#シラス、久々にご一緒とっても楽しゅうございました☆また近々ご一緒しましょ!
#ジャンボ&Yusuke、猫パンチお大事に...
2008-10-20(Mon)

Banff &あったか小川山

10/18(土)

Banff Mountain Film Festival 2008へ。まみちゃん、あやっち、けいちゃん、おくちゃんと☆久々の大集合、おしゃべりタイムは短かったけどピーチクパーチク大変楽しゅうございました♪

BMFFは今年で4回目の開催。ぱぴのこは第1回に行って以来の2回目。

クリス・シャルマのKing Linesが強烈に良かった。クライミングものとして良いだけではなく、どう自分の人生を生きるか?ということを考えさてくれる素晴らしい作品だと思う。DVD買おう。

kinglines.jpg

Searching for the Coast Wolvesという、野生オオカミとかかわるある女性アスリートのドキュメントも大変素晴らしかった。

serchingfor.jpg

自分の全人生を捧げて何かに取り組む人に幼い頃からずっと憧れて来たし、自分もそうありたいと思い続け来たけど、気付くともすでにう30代半ば。今から何が出来るのか?何がしたいのか??情けないことにまだはっきりわからない。でも、最近、ほんのちょっとだけ、なんとなく、ぼんやりと、わかり始めたような気がして来た気がする...

自分時間を、自分のペースで歩んで行けばいい。


10/19(日)

今週も小川山w/かぶちゃん、ジャンボ、Yusuke、おくちゃん@かぶ号+おぐおぐ、キムキム、にっしー、すずめちゃん@おぐおぐ号。

初狩SAからマグネット式初心者マークをボンネットと後に付けてぱぴのこが運転。SAを出て加速した瞬間ボンネットに貼った初心者マークがぶっ飛んだ!びっくりですわ。須玉ICから迷いまくりのおぐおぐ号と交信しつつなんとか全員無事回り目到着☆

<爆睡かぶちゃん>
PA190295.jpg

まずはシャクナゲエリア。外岩初級者のみなさんと一緒にやさしい課題を色々触ってアップ。忘却の果て1Dを久々にトライ。が、一発目、右足を上げて右手をアンダーに刺して体がいい感じに上がったと思った瞬間左手カチがバチコーン!と外れて左手薬指を強烈猫パンチ。いい感じで第二関節の肉がえぐれた。一気に戦意喪失...

<猫パンチ>
PA200299.jpg

<幻の光:3段トライのジャンボ!脇筋スゲ!>
PA190297.jpg

瞳岩に移動、神の瞳1Dをトライ。んあー、なんだか動きにキレがなくタイミングがずれる。猫パンチ傷も痛い。ますます戦意喪失...

<だいぶ秋色>
PA190298.jpg

クジラ岩へ移動、いつものエイハブ船長1Qをトライ。やっぱりなんかいまひとつ動きのタイミングがおかしい。前夜早く寝たし特に疲れてないし体感的には調子良いと思っていたのにどちて??気付いてないだけでハセツネの疲れが残ってるのか??猫パンチ後の薬指も傷の部分だけじゃなく指の部分が打撲っぽく痛いしやめとこう。シーズンはこれから。こんな日もあるさ。ってこんな日ばっかな気がしないでもないが...

やさしいけど高くて怖い7Q登ったりみなさんのトライを応援したりチャチャ入れたり田嶋ハング1Dスタート出来なくなってることを確かめたりパパと一緒に来ていたちっちゃい女の子とおしゃべりしたりおやつ食べたりしてぶらぶら過ごし、真っ暗になってから撤収。駐車場へ戻る暗い山道を歩いているとハセツネの夜道が蘇り、なんだか妙に懐かしく感傷的な気持ちになってしまった。

〆はいつものふじもと。そして韮崎から渋滞を経て自分ちまで運転!初めての環八は大変スリリングでございました。

全然登れなかったけどのんびり秋を満喫出来て楽しく気持ち良かった一日でありました。去年の今頃は怪我で家にこもっていたことを思うと、こうやって小川山で過ごせること自体がうれしくありがたく思える。でもそろそろいい加減本気モードに切り替えねば...

#ご一緒してくれたみなさん、ありがとう&お疲れさまでした☆
#すずめちゃん、穴社員完登おめでとう!
#おくちゃん、潮吹き穴4Q完登おめでと!
2008-10-17(Fri)

ハセツネカップリタイアに想う..

レースの最中、もう二度と出るものか!とひとり勝手に腹を立てた。リタイア直後も後悔はなく、来年の出場はない!と思っていた。会場に戻りみんなと合流し、みんなにあと少しだったのにもったいないと言われても、来年はない!と断言した。

でもまきちゃんや他の完走者たちがヘロヘロになりながらも制限時間ギリギリでゴールする感動的なシーンを目の当たりにし、ちょっぴり羨ましい気がした。でもやっぱりもう出たくないと思った。

帰宅し19時就寝、翌朝いつも通り起床。ベッドから起きあがるのがちょっときつかったけど思ったより体へのダメージは少ない様子。そしてなぜか完走出来なかったことに対する悔しさが芽生えていた...

その日昼過ぎまで腰を曲げるのがちょっと辛かったけどそれも夕方にはだいぶ緩和。脚も筋肉痛だけど全く普通に歩ける。身体が楽になればなるほど、悔しさは膨らんで行った。そんな中夜無償に肉が食べたくなり急きょ焼肉屋へ。程よく食べて心も体も満足☆

翌日起きたらこれまた桁違いで前日より身体が楽になっていた。焼肉効果か??そして悔しさはさらに膨張。朝出勤しながら決意。


来年出場するのだ!


というわけで、来年完走のためにどうするべきか、まずは忘れないうちに今回のレースを分析!

・スタート時持参の水は2ℓでは足りない。最低2.5~3ℓは必要? ※天候よって大きく変わる模様
・持参する食糧が足りなかった。
・途中仮眠を取ることは一切考えなかったから防寒対策が足りなかった。
・睡魔の恐ろしさを甘く見ていた..

  ↓↓

そこで、考えられる完走のための対策は2パターン。

①荷物は重くなるが、飲食料多めに持参、防寒対策しっかりして途中仮眠取りながら時間をかける。
②トレーニングでスピードアップを図り持参飲食物&防寒着を減らす。

私にはどれが合うのか?これは色々試してみないとわからない。さらに、今回は例年にないほどの恵まれた天候だったとのことで、雨や霧など今回はなかった天候要素も考慮して行かなければならない。ちなみに、お腹にヘッドランプを取り付けるのは霧の中の走行に役立つからなんだそうな。今回私はそんなこと知らないまままねっこしただけだったのだが。

今回ストック使用者がかなりいたが、ぱぴのこ的には邪魔な気がして使いたくないが、これも試してみないとわからない。

こうやって考え出すとあとからあとからあれこれ出てくる出てくる!いやはや、当然だけどなんて奥の深い大会なんでしょ...今更ながら完走出来なくて当たり前だったとしみじみ思うのであります...

まあそんなわけで、1年かけてゆるゆるっと準備して行こうかなと。

#オーナー、お宮さん、まきちゃん、みほちん、来年もご一緒するのぢゃ!
2008-10-16(Thu)

岩旅スライドショー

10/15(水)

PA150290.jpg

夕日にホッコリの後はパタゴニア目白店で行われるクライミングツアーのスライドショーへw/オーナー、すずめ姫、おくちゃん、Yusuke。

PA150292.jpg

オカノ氏の胸筋の盛りあがりと男前っぷり、K"ちゃんの腕と背中の逞しさは相変わらずですわ。うっとり♪

私もいつかきっと長期の岩旅に行くのだ。そのためにももっともっともっと強くならねば!
2008-10-15(Wed)

無銭飲食未遂ふたたび

昨年3月、生まれて初めてあわや食い逃げ?!な事件を起こした。あの時はほんとにびっくり仰天、ショックだった。

そして今日のランチでまたもややってしまったー!

会社近くの和食屋でおいしく定食を頂いてさあ帰ろうと思い、いつもランチに持って行く小さい手提げの中を探ると...な、ない....そしてすぐに思い出した。会社出る時手提げに財布を入れなかったことを...ご飯食べながら日記に書こうと思ったことで頭がいっぱいになり、日記帳とペンと本と携帯は入れたのに肝心の財布を忘れてしまった..

今回は前回ほどショックではなかった。なんか文字通り「唖然」とした。レジでお店の人に事情を説明し携帯を人質に置いて行こうとしたら、いつも来て頂いているし大丈夫ですよ、と言ってくれた。急いで財布を取って来て無事支払完了。頭を下げてそそくさと退散。

いやはやまったく..
2008-10-14(Tue)

ちょっぴり涙のハセツネカップ2008

10/12(日)~13(月)

当日朝まで「なんで申し込んでしまったんだろう...」と後悔しまくりのハセツネカップ2008。RaBオーナー、お宮さん、みほちん、まきちゃんも一緒に出場するというのを心の拠り所に、出場すること自体に意義ありと自分を励まし、リタイアする気満々で家を出た。

<全長71.5km、制限時間24時間>
map.gif

が、9:30過ぎ会場に着いてすぐオーナーから渡された物を見て俄然やる気と元気が出た!オーナー手作りの目標タイム入りコース図&その裏にRaBのみんなからの応援メッセージ!ぬぁ~!ぱぴのこがんばるー!

PA120245.jpg
PA120244.jpg

女子控え室でまきちゃん、みほちゃんと合流。受付済ませて控え室であれこれ準備するも妙な緊張感でうわの空。12:30前にスタート地点へ移動しオーナー&お宮さんと合流。秋晴れの気持ちいい陽気のもと、会場の空気は出場者のやる気と緊張で妙に濃い。

<選手マーシャルのオーナー、カッコイイー!>
PA120252.jpg

<雄姿!>
PA120253.jpg

スタート直前まではゲートくぐったらそのまま駅に行って家に帰りたい!と思っていたけどいざスタートするとなんか楽しくなって来てわくわく!みんなも応援してくれてる!一緒に走ってる仲間もいる!やれるとこまで頑張ろう!13時、ハセツネカップ2008いよいよスタート!

<スタート!>
PA120255.jpg

スタート直後からしばらくは大渋滞。でも調子が上がるまで時間のかかるぱぴのこ的にはこの渋滞がいいレストになってありがたい。普通なら下山するはずの段々暗くなって行く午後の山をこれから登る、しかも夜通し歩いて走るってどゆこと??と何度も不思議に思いながら黙々と進む。ちょうど1時間に一度のペースで基本の燃料補給。合間にチョコやらアメやらオプションを挟む。

<前半は大渋滞>
PA120259.jpg

17時過ぎに荷物の詰め替え&ランプ装着で10分の休憩。薄暗くなって来た17:15(醍醐丸)からヘッドランプ点灯。人生初山の夜間走行が始まった。さぞ恐ろしいのだろうなと思ってたけど、前にも後にも人が途切れないし、ちゃんとランプが道を照らしていて全然普通に進める。走る時は手持ちの強力スーパーライトを点灯、この灯りがまことに頼もしい。お腹にも気休めヘッドランプをつけて、足場のいい下りや平地で走れるところはゆったり快調に走り、19:10前無事第一関門の浅間峠(22.66キロ地点、標高860m)到着(スタートから6:08:41経過)!オーナーが作ってくれた第二予測タイムぴったり☆

正直ここまで順調に来れるとは思わなかったからかなりうれぴ☆トイレ行っておにぎり食べて10分強の休憩後すぐ出発。第一関門以降はそれまでより渋滞が少なく、運良く前にいいペースメーカーになってくれるおじさんたちたついてくれてますます快調。結構楽しくタッタカター♪

しかし心配事も絶えない。それは携帯した水と行動食の量。計算を誤ってちょっと足りなさそうなのだ。第二関門で1.5ℓの水orスポーツドリンクの補給があるのだが、それまでに持参した2ℓの水がなくなりそうな気がする。いつもより我慢してちびちび節約して飲む。食糧もしかり。メインはアミノバイタルプロのゼリー(100g)なのだが、1時間に1個摂取のつもりながら12個しか携帯せず。他にアミノバイタルプロの顆粒、おにぎり、ドライマンゴー、グミ、チョコ、梅、飴でなんとかなるかなと思ったけど、走ってる内にやっぱ足りない気がして来た。うむむ。

32キロ地点の西原峠を過ぎたあたりから急登が続き、これがもうなんとも辛い!時々立ち止まりながらヒーコラヒーコラのろのろ進む。今回の最高地点である三頭山(標高1527m)手前の避難小屋(1430m)で10分休憩。もっと休みたかったけど寒くて動かずにはいられず真っ白の息を吐きながら再び出発、23:34無事最高地点の三頭山(36.32キロ地点)到着!またまた正直言うと、ここまで来れるとは思わなかったからこれまたかなりうれぴ☆

三頭山から先はペースメーカーのおじさんたちのお世話になったり、時々前の人を追い越してひとりで走ったりしながらかなり快調に進む。が、心配していた通り、第二関門まであと約3キロのところで水がなくなった!ぎょー!アミノバイタルゼリーがあるから脱水症状は起こさないだろうけどやっぱ心配。頑張れぱぴのこ!

もしもコース上に自販機が現われたら、商品を片っ端から飲んでやる!とか思いながら順調に進む。前にも後ろにも人がいない状況も度々あったが、思ってたより心細くなかった。コースの案内板&案内ランプが点滅しているから道に迷うことはないし、自分のペースが保てて意外と快適♪こんな風に思おうとは走る前には夢にも思わなかった。世の中ほんとに経験してみないとわからないもんですな。にしても、コース上数百メーターごとに設置されている案内板とライトはみんな人の手と脚で設置されたわけで、ほんとにありがたいことこの上ない。

そうこうしているうちに、第二関門の月夜見第二駐車場(42.09キロ地点、標高1147m)にオーナー作予測タイムより50分早く深夜1:25に到着(スタートから12:25:06経過)!きゃはは!この第二関門の手前200mぐらいは舗装道路なのだが、暗闇の中第二関門の明かりが見えた時にはめちぇくちゃ嬉しくなって舗装路をダッシュしチェックポイントを通過☆いや~ん!うれぴー!真っ先に水を補給してもらいおにぎりを食べてトイレ行って約20分の休憩。ここまでこのタイムで来れたなら完走出来る!よーし、がんばるどぉー!

と意気揚揚と第二関門を出発。そしてそこから悪夢のような数時間が始まった...延々と続く登り、登り、登り...そして睡魔...去年ハセツネ完走したみほちんによると初めてのハセツネだったから緊張で眠くならなかったって言っていたからそれを期待していたけど、いつもはとっくに寝ている時間だし、すでに12時間も歩いて走ってるわけで、眠くなって当たり前なのよね。脚は動かないわ眠いわでふらふらして危ないったらありゃしない。道は片側崖、時々両側崖、一歩間違ったら間違いなく転落する。あぁ私下手したら死ぬんだなーと睡魔と闘いつつ本気で命の危険を感じた。

悪夢の登りは更に続き、御前山(標高1405m)手前の急登はほんとにもうなんつーか意味不明!身体は動かないわ止まったら寒いわに加え半端なく眠い!!一瞬座って目つむって見るけど寒いし寝たらオシマイと思って動かない身体に鞭打ってノロノロ脚を運んで見る。すぐまた立ち止まる。また数歩進んで座り込む。一瞬目つむる。だめだめ!と立ち上がって歩く。これの繰り返し。山道の脇にはゴロゴロ人が転がって寝ていて一瞬羨ましくなるけど、寒さを思うと私は絶対寝たらアウトだと思いなおし数秒目つむる程度で我慢する。でもさー、なんかこれって、おかしくない??夜は寝る時間であって、山の中を歩くもんじゃないっしょ!なんてことを考えてるうちになんだか腹が立って来た。なんで私はこんなことしてるんだ?!もう二度とこんなことはしないぞ!!と堅く誓うぱぴのこであった。

午前4:08、ふらふらで御前山頂到着。今度は急な下りが続く。しかも路面がやたらつるっつるで滑る。そして急に足腰に力が入らず踏ん張れなくなってしまったぱぴのこ。何度もつるんと転んだ。足腰に力が入らずまともに歩けない。相変わらず眠い。寒い。第二関門までは冷静に時間きっかりに行っていた燃料補給も、そこまで頭がまわらなくなって来た。ますます体が動かなくなる。これじゃあだめだ!危ない!と一瞬思うけど食糧を取り出すちょっとした行為自体が面倒でたまらない。身体も動かないが頭まで動かなくなってる。私は間違いなく危ない状態にいる。それだけははっきり認識した。次のスタッフのいるポイントでリタイアしようと決心。そしてその決心を確実なものにするキッカケが訪れた。なんと、ふらふらぼや~っとしてるうちに道を間違えた!すぐに後ろからおじさんが声をかけてくれてコースに戻ったから良かったものの、もしあのまま行っていたら...

ますますふらふらの足腰。すさむ心。前後には人もまばら。ひとりメソメソ泣き始めた。「もうやだぁ~」とつぶやく。そして急に一瞬我に返る。あれ?前にも後にも全く人がいない。案内版も、案内灯も見当たらない。あーれー?!また道間違えた???恐ろしすぎておかしくなりそうになる。待て待て、しばらく分岐はなかったはず。ちょっと前まで前を行く人のライトが見えたはず。大丈夫なはず。泣いてないで歩け!!

すぐに後から人が追い付いて来た。道は間違えてない。落ち着いて歩け。それでももう一回ちょろっと泣いた。日の出前の冷え込みがやたらと心にしみて寒い。もしも身体が一歩も動けない状態になってしまったら私はどうなるんだろう?誰かが助けに来てくれるにしても、こんな山の中なんじゃある程度自分で動けないとどうにもならないんじゃないか?そうなる前にやっぱりリタイアしよう。ぴのことぱぴこに会いたい...(涙)

空がほんのり明るくなり始め、鳥のさえずりが聞こえ来た。朝かぁ...スタートからもう15時間以上も歩いて走ってるのかぁ。なんだか信じられない。薄暗がりの中次スタッフがいてリタイアポイントでもある大ダワ(49.77キロ地点、標高約1000m?)が見えた。その時の気持ちったらない。嬉しさよりも「助かった!」という安心感でいっぱい!朝5:50大ダワ到着。温かく言葉をかけてくれたスタッフのおじさんにすかさずリタイアを申し出た。迷いはない。今の私には完走は無理だ。

靴に結んでいたタイム計測用のチップを外し、温かいココアをもらってストーブと毛布が待つリタイア者用救護スペースへ入る。他にリタイア者が集まるまで中で待つ。応援してくれたみんなにリタイアの報告メールを送り激ウマココアを味わって飲んだ後毛布にくるまってストーブの前に横たわる。すぐに眠りに落ちた。腰まわりが痛かったり他のリタイア者の入って来る気配で時々目が覚めたりしながら1時間半くらい爆睡。

7:40頃スタッフに起こされ、ここでは合計5人のリタイア者を乗せた車で会場へ。着いてすぐ無料の豚汁を飲んでいると先にゴールしていたお宮さんと遭遇。オーナーもすでにゴールしていて寝ている模様。するとみほちんからゴールを知らせるメールが!ゴールの場には立ち会えず着替えに控え室に戻った時みほちんと再会。豚汁おかわりしたりうどん食べたりおしゃべりしたりマッサージ受けたりちょと寝たりしてみんなでまきちゃんのゴールを待つ。

すっかり陽はのぼり気温が高く暑い。20数時間も動き続けた人たちがぽつぽつ帰って来て嬉しそうにゴールゲートをくぐる。うむ、ちょっと羨ましい...そろそろまきちゃんも来るかなーとみんなでじりじりしていると、遠くにまきちゃんの姿が見えた!まきちゃーん!おつかれー!!まきちゃん22時間31分でゴール!!!すんばらしー!ほんとよくここまで頑張った!!すごいぞまきちゃん!むむむ、やっぱりちょっと羨ましい...

<まきちゃん大感動のゴール!>
PA130286.jpg

オーナーは今回が3回目の出場で2回目の完走。みほちんは昨年に続き2回目の出場で2回とも完走。お宮さん、まきちゃん、ぱぴのこは初出場。そして私以外全員完走!みんなすばらしいぞ!完走おまえでとー!そしてやっぱりちょっと羨ましい...でもやっぱりもう出場したくない。

瀬音の湯で温泉につかり、駅近くのそば屋で乾杯!みんな無事でほんとによかった!お疲れさま!!!みんな「来年は出ないと思う」といいながらも、「また申し込みの次期が来たらなんだかんだ申し込みそうな気がする...」と不気味なことを言う。私はもう出ない!と大会直後は断言したけど、翌日朝起きたらやっぱなんかこう妙に悔しい気がして来た...やばいなぁ...

お宮さんはここ4か月きっちりトレーニングに励み、ここ1か月半は毎週末コースを試走、結果なんと10キロも減量。まきちゃんは大会前の1か月毎週末山走ってる。みほちんは今年7つものトレイルの大会に出ている。オーナーは大好きなお酒を日頃からいっぱい飲んでいる。私はほとんどトレーニングせず、そりゃー完走出来ないわけですよ。でも、ちゃんとトレーニングすれば必ず完走出来るってことを目の当たりにし、今回リタイアながら50キロ山を走れたことで、私も完走出来るかもしれないという気はする。来年かぁ..むむむ...まあ来年のことはまた来年考えるとしよう。


今回ご一緒してくれたオーナー、お宮さん、みほちん、まきちゃん、ありがとー!!!みんなが一緒だったから大会に出る気になったし、レース途中でもみんなも走ってると思うと元気が出た!完走おめでとう&お疲れさまでした!

そして応援してくれたみなさん、ありがとう!!!その応援に完走というかたちでお応えしたかったのにカタヂケナイ...でも無事生還出来たのはみなさんのおかげ!重ね重ねありがとう!


メモ

◆天候:晴れのち曇り、快適な気温

◆携帯装備(総重量約6kg)

飲食物
・水2ℓ →全消費
・アミノバイタルプロゼリー(100g)×12 →11消費
・アミノバイタルプロ顆粒×6袋 →2消費
・栗ごはんのおにぎり90g×2 →全消費
・ドライマンゴー×1袋(38g) →全消費
・グミ×1袋 →全消費
・マカダミアナッツチョコ×5粒 →3消費
・はちみつ漬け梅×5粒 →2消費
・塩ミルク飴×5粒 →2消費
・鎮痛剤×3錠 →1消費
・MUSASHI Ni 約40g →消費ゼロ
・フリスク →1/3?消費

ウェア&ギア
・パタゴニアR.5フリース
・パタゴニアドラゴンフライ
・キャップ
・薄手グローブ
・腕時計
・ペツルヘッドランプ(単三電池使用)+予備電池 ※頭装着
・スーパーライト(なんとか電池使用)+予備電池 ※手持ち
・ペツルヘッドランプ(単四電池使用) ※お腹装着
・予備コンタクト、メガネ、目薬、リップクリーム、温度計&コンパス+笛
・地図、大会案内、デジカメ、携帯電話

◆反省点など
・水は2ℓでは足りない!余裕持ってもう1ℓ持参するべし。
・食糧も足りない!アミノバイタルプロゼリーを増やすか他の物を増やすか要検討。
・レスキューシートなど防寒具を増やして途中仮眠取るべし?
・今回使ってないストックはやっぱり不要かも。

◆結果:50キロ地点にてリタイア
・第一関門通過タイム 06:08:41
・第二関門通過タイム 12:25:06
・リタイア(大ダワ) 約17:50:00
2008-10-11(Sat)

ハセツネカップ前日も小川山

朝方の東京の雨と寝坊と渋滞にも負けず小川山w/しょうごちゃん、ニンニン、おくちゃん、Yusuke。今回もしょうごちゃんのドデカアメ車でDVD観ながら極楽ドライブ。11時半廻り目着。

小川山は晴れ&暖かい!三連休初日にもかかわらずみなさん天気予報に騙されたようでキャンプ場は空いてる。が、岩は湿っぽくてコンディションはいまいち。

<紅葉が始まった>
PA110231.jpg

まずはクジラ岩。あれこれやさしい課題触ったり穴社長やエイハブも触ってみたりスープとパンとチーズでまったりランチしたりとゆるゆるのんびり☆

<ミネストローネとパンとチーズ>
PA110227.jpg
PA110226.jpg

<びゅ~てぃふる>
PA110230.jpg

15時過ぎに雨月岩へ移動。またゆるゆる遊んで17時前に撤収。ふじもとで〆。


さて明日はハセツネカップ。信じられまちぇん。無事生還しますように...

<装備重量約6kg>
PA110243.jpg

当日大会速報が公式サイトにてリアルタイムでチェック出来るそうな。ゼッケン3855なり。
2008-10-10(Fri)

Viva G.Love☆

10/9(木)

けいちゃんのお誘いでG.Loveのライブ@Shibuya AXへ!

G.Loveは、2005年6月に行ったJack Johnsonのライブでオープニングアクトとして出演した時聴いて以来大好きなアーティスト。今年8月に新しいアルバムがリリースされ、今回単独ライブが行われた次第。

2006年リリースのアルバムが個人的にいまいち好きじゃなかったから今回のアルバムは買わないでいたけど、けいちゃんが「盛り沢山で大変良い!」とオススメしていたので、ライブ当日朝一で買って会社で聴いていたのだが、うん、ニューアルバム大変良い!

<ニューアルバム!んまー!なんてセクシーで男前なんでしょ!>
jpg.jpg

ライブは、もう大変!なんてセクシーで素敵でうまくてカッコよくて盛り上げ上手なんでしょう!!!いやー参った。なんかもうムラムラしちゃいましたわ。アルバムはもちろんいいけど、やっぱライブの方が断然すばらしい!技術的実力がピカイチなのは当然も当然だけど、人を惹きつけまくる音楽的・男性的色気がすさまじい!叫びまくって踊りまくってノリノリほんと楽しかった☆

オープニングアクトのSpecial Othersというバンドがまた相当カッコよくてびっくり。帰りにCD購入。

誘ってくれたけいちゃん、ほんっとにありがと!次来日したらまた一緒に行くのぢゃ!!
2008-10-06(Mon)

キンモクセイな気持ち

東京中のキンモクセイが申し合わて一斉に咲き始めたみたい。

家の玄関とベランダのドア、全部の窓を開け放つとすぐに
キンモクセイの香りがいっぱい訪ねて来てくれた。

ミネストローネを作った。
おいしそうな匂いを部屋中のキンモクセイの香りが覆う。
キンモクセイ色に染まった秋のそよ風が部屋の中を通って行く。

毎年この時期キンモクセイの香りに触れる度に、
悲しさまじりの懐かしさが押し寄せて来る。
忘れていた想い出がよみがえったり、
まだ訪れていない未来になぜか懐かしさをおぼえたり。

1年前の今日、小川山でボルダリング中落下し怪我をした。
以後数ヶ月間、色んな意味で苦しい日々が続いた。
その時の気持ちを思い出す。
苦しかったけど、
その苦しさのお陰でその後新たな自分と出逢えて、
また新たな今の自分に辿り着けた。

来年の今頃、キンモクセイの香りはどんな私を運んで来てくれるだろう?
この先1年どんなことがあったとしても、
間違いなく新しい私がそこにいるはず。
2008-10-05(Sun)

忍者完登間近

3月8日以来の御嶽。そんなに久々だったとは。

いいかげん登ってしまいたいものです、忍者返し。前半の右手飛ばし部分、2回しか止まらず。もっとすんなり行ける気がしてたんだけどそう甘くはないですな。止まった後はクラック取るムーブが決まらず。チキショ。下のガバ足に右足おいて思い切って右手出すムーブで行くことにしよう。

師範の素登り1Dトライにつられて大勢で素登り祭。ゼッタイやることないと思ってたけど触ってみたらなんか面白い。右足ヒールフックするまでのムーブはってことだけど...そのうちまたトライしてみますわ。

予報より早く14時過ぎから降雨。ロッキー岩に行きたかったけど諦めて帰宅。

今日一番の成果はSHIROと友達になれたこと☆人懐っこくてめっちゃかわいい子だった♪

PA050217.jpg
PA050218.jpg
2008-10-04(Sat)

筑波山&スポーレ

晴れて暑い秋の休日、人でいっぱいの筑波山を初ハイキング。と言ってもぱぴのこにはペースがはや過ぎてハードでしたが...来週のハセツネの練習になったけど、たったの5キロの山歩きでこんなにヘロヘロでは結果は火を見るより明らかであります。

筑波山神社には濃厚なキンモクセイの香りが充満。
PA040163.jpg

登山道の脇でニコニコの小さい白いお花ちゃんたち。
PA040187.jpg

不思議な形の岩がいっぱい!どれもなかなか高難度。
PA040168.jpg

秋です。
PA040178.jpg

女体山頂上からの眺め。晴れてるけどガスってて残念。あれ?!ちろっと富士山が写ってる!
PA040193.jpg

ヘロヘロハイキングの後スポーレで1年以上ぶりのルート。モヤイさんの顔をふみふみ。
PA040209.jpg

筑波山は人が入りすぎて登山道は荒れまくり。女体山頂上はいい感じだったけど男体山頂上はコンクリでかためられていてマコトに残念な感じ。

スポーレでは短い10a@垂壁と長い10C@上部薄かぶりをなんとかOS、TR11a@垂壁敗退。上半身パンパン。久しぶり過ぎて最初全くいやいや取り付いたけど、ルートもやっぱなんか面白いかも♪
2008-10-03(Fri)

EATALY&もつ義

会社の目の前に、最近改装を終えたばかりのショッピングモールがあり、その中にEATALY(イータリー)という名前通りイタリア食材のスーパー&フードコートがあり、今日ランチで覗いてみた。オサレでゆったりした異国の空気が流れてて雰囲気はいいかも。ワイン、チーズ、ハム、パン、オリーブオイル、ミネラルウォーターなどなど、色んなイタリアの食材が迫力のレイアウト。なかなか楽しい☆

ショップとフードコートが一緒になっていて、入口正面にはピザ窯が。早速値段チェック。マルゲリータピザ+サラダ+パン食べ放題+エスプレッソコーヒーのピザランチセット1980円、パスタセットは1780円(15%のサービス料&消費税込み)。むむ。高いっす。でも、リサーチってことでレッツトライ。

20081003144719.jpg

見た目おいしそう☆そして味は、残念ながらいまいち。うす味好きのぱぴのこ的にはしょっぱすぎ。ピザ生地はその場で焼いたわりにはパリっとしてなくてなんか硬くていまいちだった。値段に見合わないよー。サービス料15%も取るほどのサービスもなかったし。エスプレッソはめっちゃ濃くておいしかったけど。

今後自腹切ってピザセットを食べることはないかな。あ、でもパスタセットは一度試そうかな。


そして昨夜は前の会社の上司に呼ばれて恵比寿のもつ義というもつ鍋屋さんへ。有名人も多く訪れるらしく色んな人のサインがいっぱい。なぜかレバ刺がべらぼうにうまかった!肝心のもつ鍋は、フツー。もつと野菜を水炊きにして酢醤油につけて食べるんだけど、この酢醤油がしょっぱすぎで味が濃すぎる感じ。すぐ近くにある蟻月の方が個人的に好きかも。蟻月はにんにくたっっぷり、スープの種類が選べて、何年か前行った時はどれも美味しかった記憶がある。

以前はもつ苦手だったけど最近はぼちぼち食べれるようになって来た。オトナになったのかな?
プロフィール

papinoko

Author:papinoko
扶養家族:ぴのこ&ぱぴこ&ちこ&やこ
好きな食べ物:きのこ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。