--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-25(Wed)

ちこまっしぐら☆

うちに来て今日で6日目。ちこはいつの間にか完全にうちに慣れた様子☆「ちこ」が自分のことってことはまだ完全にはわかってないけど、最初の三日間ぐらいは呼んでも全く反応しなかったのが、今はな~んとなく反応してるように見える。気がするかも(^^)

ちこがうちに来た翌日からの三連休Yusukeは泊まりでおでかけしてた。帰宅したYusukeに対してちこがどう反応するか、ビビリはしないかちょっと心配だったけど、完全に要らぬ心配でございました..床に座ったYusukeにソッコー近づいて行き膝に乗るではないか!そしてぴのこもいつも通りYusukeのすぐそばにお座りしておくつろぎ。ぱぴこもそうだったし、うちの子たちはみんなYusukeが大好きなのだね。ちょっとジェラシー。

PB240040.jpg

それにしてもちこはほんっと元気もりもり!ちょろちょろ動きまくって良く遊ぶ。仔猫ってこんなに元気なんだっけか??それともちこが特に活発なのか??あちこち走り回るわおもちゃで大ハッスルするわトイレの中で砂相手に遊ぶわとにかく動く!かと思うと、なんか静かだなーと思うといつの間にコテっと倒れてうとうとすぴすぴ。おもしろすぎる!かわいすぎる!

PB250083.jpg
PB250072.jpg

ぴのこにはちょいちょい接近しては挨拶を試みる。ぴのこは近くにちこが来たり居たりする分には全然怒らなくなったけど接触すると唸って警告する。するとちこはすぐに退散。たまに後ろから接近して行きそーっとにおいを嗅いでみてはぴのこに気付かれてさっさと退散。でも時々ぴのこが後ろからちこのにおいをチェックするようになってる。もし本当に相性が合わなかったらぴのこにそのストレスによるなんらかの症状が現れそうだけど、今のところそれは一切ない。ぴのこなりに徐々に受け入れつつあるように思える。

昨夜。夜中にうーうー唸る声に目が覚め何事か見てみると、ベッド脇においておいたケージの中でぴのこが不満を漏らしていた。なんと、奥にぴのこ、手前にちこ!暗くて良く見えなかったけど、ケージの大きさからすると二匹は接触していたはず!不機嫌なぴのこなんてなんのその、ちこは気持ち良さそーにくつろいでいた。たまらずケージから出て他所へ行くぴのこ(^^;)ふじこさんも言ってたけど、ちこはほんと度胸があるね。この調子だとぴのちこ団子出現の日はきっと近いぞ!楽しみだわ~♪

PB240053.jpg
PB250073.jpg
2009-11-23(Mon)

ちこチェック

昨日はほぼ丸一日ぴのちこと一緒に過ごしたおかげでちこもぴのこも私もなんとなくそれぞれの存在に慣れて来た気がする。新しく発見もあったし大変有意義で楽しかった☆そんな中で一番びっくりした発見は、熟睡ちこの目がもっのすごい半開きになること!

PB220026.jpg

一瞬起きてるのかかと思ったけど名前呼んだりちこの目の前で手をひらひらさせても起きないし夢でも見てるのか手足をぴくぴくさせてたから寝てたっぽい。びっくりしたけど可笑しくて可愛くてくすくす笑ってしまったわ☆

ちこはベッドにも上がって来るようになったし行動範囲もますます広がり活発さも増して来た。そしてぴのちこの距離はジリジリと確実に縮まって来てる。ほんともうちょいだと思う。

PB230073.jpg

他の兄弟と比べてちこは食が細いようだとふじこさんから聞いていたが、うちに来てからはなかなかの食いしん坊っぷりを発揮してくれている。ぴのこの器に先にご飯を入れているとちこがタッタカターっと走って来て器に頭を突っ込むではないか!ぴのこはそんなちこが気に食わないけど積極的に追い払いはしない。やっぱ気が弱いなーぴのは。ちこを抱きかかえて別の場所でちこにご飯をあげるとパウパクよーく食べる。ふじこさんちではカリカリオンリーでは食べてくれなかったみたいだけど、昨日試しにカリカリだけあげてみたら全然普通にバリバリ食べてくれたよ。サイエンスダイエットの味が好きなのかしら?いずれにしろ心配がひとつ減って良かった。ウェットタイプじゃないと食べないとなると長時間家を空ける時困るからね。ほんといい子だね、ちこりん♪

さて、今日は午前中にちこを病院に連れて行き簡単にチェックしてもらった。昨日一日首や肩あたりを後ろ足でやたら掻いてたしおしりクサイのも気になるしね。結果、体重1.3キロ、皮膚含め問題は見られず、おしりは肛門腺を絞ってもらったら分泌液が結構出て来て驚いた。犬に比べて猫はそれほど分泌液が溜まらないが、ちこはちょっと溜まりやすいのかもしれないって。気にかけてあげましょう。あと皮膚も今日のところは問題はなさそうだったけど注意して観察すべし。あと、来月のワクチンの時うんちも持参して、ふじこさんがノミダニとお腹虫の駆除はしてくれてるけど念のため再度お腹の虫のチェックもしてもらうことに。

PB230079.jpg


移動中も診中もずーっとおとなしーくほんとにいい子だったちこ。検温や肛門腺絞りの時もちょっとだけいやがったけどちっとも暴れることなくじっと耐えていた。最後に先生から「野良出身とは思えないほどものすごくいい子ですね」と言われた☆ぐふふ♪


病院のカルテ用にちこ情報を書いていて、年齢欄を埋める時気がついた。今日でぱぴこが亡くなってちょうど丸3ヶ月。ちこは2~3ヶ月齢。もしかしたらぱぴこが亡くなった前後にちこが生まれたのかもれしれない。私の勝手なこじつけだけど、そう思うと勝手に感極まってしまい涙が出て来た。入院中のぱぴこを毎日見舞い、退院してからもせっせと通院したことを思い出した。ぱぴの最後の時もよみがえって来て泣けてしまう。

P6280007_20091123133043.jpg

食いしん坊でスーパー甘えん坊で手荒なことは一切しなしほんとにいい子だったぱぴこ。もしかしたら、ぱぴこがちこを送ってくれたのかもしれない。そう思わずにいられない、良く晴れて気持ちのいい初冬の午後。となりにはすやすや昼寝中のちこが一緒☆

PB220018_20091123125142.jpg
2009-11-22(Sun)

ちこな日々のはじまり

初日(11/20)

ふーふーうーうーなぴのこに驚きながらも、ふじこさんが数時間家にいてくれたおかげで少しずつ落ち着いて来て遊んだりくつろいだりしてくれるようになった。

ふじこさんが帰った後は我々のまわり周辺をおそるおそる探検したり遊んだりもりもりご飯食べたりと意外と落ち着いたご様子。肝っ玉が座ってますなー。でも大きい音や不意の動きが苦手なようで、ベッドの下に素早く避難。ベッドの下にぴのこはもともと入らないしちこにとっていい避難場所になってる模様。

遅くに床に座って静かにパソコンいじってると、とことこやって来ては膝に上がって来たり私の脚に密着してくつろぐではないか!ぬぁ~!なんだちみはー!殺人的かわいさ!

電気消して寝に入るとベッドの下からぴーぴー鳴き声が。今までふじこさんのお家で大勢の猫達と過ごしてたから寂しいんだろうなあ、ぴのこ姉さんは怖いし..


二日目(11/21)

朝起きたらちこトイレに実に立派なうんちが2塊!一瞬ぴのこのかと思ったけどぴのこのは別のトイレにもりもり入ってたし色が違うからきっとちこのなのだろう。一体このちっこい身体のどこに入ってたんだろ..

この日は朝から一日中家を空けねばならず。ちこの落ち着くベッド周辺を色々な物で囲い隔離。朝一でご飯あげたけど食べず。ご飯をおいて後ろ髪を引かれまくる思いで家を出た。

PB210058.jpg

帰って来てベッド下から顔を出して来たちこと目が合った瞬間、小さく「はぁ~っ」と威嚇された。ぷは!でもすぐに小さくぴーぴー鳴くのでお腹が空いてたのだろう。ご飯皿はキレイに空っぽ。ごめんよー!すぐにご飯を上げたらぱっくぱくムッシャムシャ☆お腹がふくれたところで囲いを少し開けてあげると様子を見ながらおそるおそる出て来た。そんなちこを不満げに見つめるぴのこ、容赦なくシャーシャーふーふー!そんなぴのこに反撃してちこもちょっとだけしゃー!でも全然怖くないよ(^^;)ぴのこには効果あったようだけどね。

PB220010.jpg

私が床に座ってご飯食べたりパソコンいじったりしてると私の方に寄って来てまわりで元気にもりもり遊ぶ!遊び疲れると私の脚にもたれたり脚によじのぼって来てくつろいだり。くわ~!ぴのぱぴの仔猫だった頃はもう10年以上前だし仔猫の可愛さ愛らしさを忘れていたけど、仔猫ってなんてかわいいんでしょ!てか、ちこだから更に可愛さ数百倍増!つぶらな瞳がとにかくたまらん。

PB210092.jpg
PB220115.jpg
PB210088.jpg

反面、ぴのこは変わらず不機嫌。ちこもたまにはぴのこの様子を伺うけど大抵は気にせずちこワールド炸裂☆ぴのこが受け入れてくれるまで焦らず見守りましょう。

電気消してベッドに横になるとまたベッドの下からぴーぴー鳴き声。夜中時々その鳴き声で目が覚めた。もしかして私を探してるのかなー、と希望に満ちた勘違いをして名前を呼びながらベッドの下を覗くと奥へ逃げる。私ではなくとろあずみどりを呼んでたんだね。はやくぴのこ姉さんに受け入れてもらえますように☆


三日目(11/22)

夕方用足しに2.5時間外出した以外家でぴのちこと過ごした。外出の間隔離はせず。ぴのは変わらず不機嫌。でもちこはぴのこと基本距離を置きつつも、たまに急接近を試みては怒られて退散、私のまわりできゃわきゃわ遊んで殺人的かわいさを披露してくれる。もりもり食べてもりもり出し、私が床に座ってる時はずっと私のそばor脚の上にいる。なでると気持ち良さそうにするしちっちゃくコロコロ喉を鳴らす。時には私の手を相手に遊ぶけど爪は立てず手加減する。偉過ぎる!ふじこさんのところでしっかりしつけされたのだね☆

PB220124.jpg

ちょっと困ったのが(と書いてはいるが、実は全然困ってはいない)、おしりがクサイということ。ふじこさんから言われてはいたけど、なるほど、なかなかクサイ。ぱぴこもちょっとクサかったけどちこほどじゃなかった。肛門腺が発達してるのか??今度獣医さんにきいてみよう。

こうやってブログを書いてる今この瞬間もちこは私の脚の間で私のパーカーの紐を相手にひとり大ハッスル中!そしてすぐにすやすや♪ん~もう!たまらーん!!!

PB220008.jpg
2009-11-20(Fri)

ちこ

本日我が家に新入りが到着!名前は「ちこ」、野良出身、生後2~3ヶ月の女の子☆

PB200049.jpg

犬?小熊??ちこを保護してくれたふじこさんによるとコツメカワウソだって。確かに!

毎日チェックを欠かさない大好きなネコブログに載っていた里親募集の写真に釘付けになり、以来その不思議な面白顔がなーんか気になっていた。他の兄弟は順調に里親が決まって行くのに、この子をもらってくれる人がいなかったら..最初はそんな気持ちが強かった。毎日ふじこさんのブログでその面白顔を見てるうちに、どうにもかわいくて仕方なくなってしまった。

ぱぴこのことはちっとも吹っ切れてなんかないしいつも思い出すし時々泣きそうになってしまう。だからその代わりの子が欲しいのかというと、決してそういうことではない。ぱぴこはぱぴこ。代わりの子なんていないんだもの。そうじゃなくて、ぱぴこに注いでいた分の愛情と時間を、今度はそれを必要としている子に注いであげるのだ。

ついにふじこさんに連絡、17日(火)に会いに行った。そしてうちの子になってもらうことになった。ふじこさんは仮に「ちび」と呼んでいたので、ちびの「ち」にうちの子たちに共通する「こ」を付けて「ちこ」と名付けた。

度胸があって好奇心旺盛、でもちょっとビビリな面白顔のちこ。以後お見知りおきを!

PB200019.jpg

いきなりYusukeに懐いてびっくり。そしてジェラシー。
PB200030.jpg

ぴのこは憤慨!シャーシャー威勢はいいが、自分のご飯に近寄られてもこっそり見てることしか出来ず。根はビビリなのだ。
PB200037.jpg

不満タラタラ、でも怖い..なぴのこ。ぴのこのことはずっと変わらず大好きだよ☆
PB200053.jpg


#ふじこさん、

ちこを保護し、今まで面倒見てくれて、そして愛情たっぷりに元気でいい子に育ててくれてありがとうございました!その愛情を引き継いで、いっぱいかわいがって大事にして行きます☆ちょいちょい様子見に遊びに来てくださいね!末永く宜しくお願いします☆
プロフィール

papinoko

Author:papinoko
扶養家族:ぴのこ&ぱぴこ&ちこ&やこ
好きな食べ物:きのこ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。